MENU

言葉を友人に持ちたいと思うことがある。(寺山修司)

目次
閉じる