生き甲斐を感じさせる『仕事』と苦役である『労働』の違い

人間の労働の種類は三つに分かれる。

LABOR = 苦役としての労働

JOB = 職業、生業としての労働

WORK = 生き甲斐としての仕事

労働の価値は「量」ではなく「質」にある。

人間は労働を通して社会的存在になる。社会的存在とは、自分一人の世界の中ではなく、人々との交流の中に生きているという事である
とマルクスは述べた。

『無意味』と感じる労働ほど人間にとって苦痛なものはない。
地位、報酬、賞与……これらは、人間がこなした労働の量に付随するものであって、本質そのものではない。
人間に真の充足を与えるもの、それは労働の「意味」と「方向性」ではないだろうか。

[su_spacer size="30"]

[su_quote cite="カール・マルクス"] 疎外された労働には経済的側面と心理的側面とがあり、経済的側面とは、それが搾取された労働であることであり、心理的側面とは、労働に充実感や幸福感を感ずることができないということである[/su_quote]

初稿:1999年1月

ちなみに LABOR は、『陣痛』の意味もある。 病院の LABOR ROOM は陣痛室のこと。

キリスト教における原罪により、アダム(男性)には労働の苦しみ、エバ(女性)には産みの苦しみが与えられた。

LABOR が苦役としての労働を意味するのは、そうした理由から。

日本では、仕事も労働も一緒くたに語られるところがあるが、英語圏では、LABORとJOBとWORKは厳密に区別される。

「事に仕える」のがWORKで、”作品”の意味もある。

「人が動く」=働く、目的もやり甲斐もなければ、LABORに近い。

ちなみに、JOBは、ヨブ記に通じるものがある。

真面目で信心深いヨブを試す為に、神は様々な試練を課し、ヨブが神を恨んで信仰心を捨てるか、あるいは義を貫くか、見届ける話だ。

苦難における義人ヨブの恨み言は、現代人にも通じる。

そして、それがJOBの本質――日銭を得る為にあくせく働く私たちの宿命でもある。

神の意図がどうあれ、良心を貫く労働者はいつか報われる(金銭的にではなく)。

何故なら、騙し、傷つけ、貶めた事実は、良心の痂皮となって一生のしかかり、決して人を幸福にはしないからだ。

関連する記事

[su_posts template="templates/list-loop.php" posts_per_page="5" post_type="post,morgen,poetry" taxonomy="post_tag" tax_term="7" order="desc" orderby="rand"]
[su_spacer]
[su_label type="info"]タグ[/su_label] カール・マルクス

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる