海は生きとし生けるものの故郷  ~アルベールⅠ世とモナコ海洋科学博物館

海は生きとし生けるものの故郷  ~アルベールⅠ世とモナコ海洋科学博物館

私たちが海を恋しく思う訳

北は北海、南は地中海、風光明媚な海岸線をもつフランス国民にとって、海は芸術のテーマであり、憩いの場であり、食や交易など、様々な恵みをもたらす”偉大な母”だと思います。

欧州で『海』といえば、オランダの商船、スペインの無敵艦隊、イギリスの王立海軍やキャプテン・ドレイクなど、他国のイメージの方が強くて、くるくるカツラのフランス人が軍艦で闘う姿とか想像つかないのですが、今では世界に冠たる海洋国であり、世界で初めてマリアナ海溝に到達したり、ジャック・マイヨールがフリーダイビングで素潜り105メートルの世界記録を達成したり、輝かしいキャリアを有しています。

本作では、父親を水害で無くした後、母に連れられてフランスに向かう設定ですが、最初に移り住むのはモナコ公国のフォンヴィエイユという港町です。

フォンヴィエイユは、ドーデの「風車小屋だより」で知られる小さな町で、国際的な知名度は高くありませんが、モナコに近いこともあり、開発が進んでいる地域です。

特筆すべきは、アルベール一世の偉大な業績である『モナコ国立海洋博物館』がすぐ近くにあることでしょう。私も実際に行ったことはありませんが、学術的な展示物だけでなく、水族館、3Dシアター、ふれあいコーナーなど、様々なアトラクションがあり、地域でも名高い観光スポットになっています。

海に心が慰められるのは、世界中、どんな人も同じかもしれません。

なぜなら、私たちは、昔そこに住んでいたからです。

以下のパートは海洋小説『曙光』(第一章・運命と意思)の抜粋です。
詳しくは作品概要、もしくはタイトル一覧をご参照下さい。
※ WEBに掲載している抜粋は改訂前のものです。内容に大きな変更はなく、細部の表現のみ訂正しています。

【あらすじ】 海があなたの心を慰めてくれる

土木技師の父グンターは、決壊寸前の堤防を守りに戻り、高波に呑まれて命を落とす。
最愛の父を亡くしたヴァルターは生まれ故郷である干拓地フェールダムを離れ、母の故国フランスに近いフォンヴィエイユという港町に移り住む。
悲しみに暮れる彼の心を癒やしたのは地中海の美しい風景とモナコの海洋博物館だった。
優れた海洋学者でもあるアルベール一世の偉業と、愛らしい海の生き物たちに心を動かされたヴァルターに、アンヌ=マリーはフランスの海洋科学の歴史を語って聞かせ、ヴァルターは海への興味をいっそう深める。
だが、気丈に息子を支えてきたアンヌ=マリーもついに心労に倒れ、母子二人の暮らしも立ちゆかなくなる。
そんな母子の前に、かつての婚約者、ジャン・ラクロワが現れる。

【小説の抜粋】 海は生きとし生けるもの、すべての故郷

アルベール一世と海洋科学

Musée océanographique de Monacoは、西暦一九九〇年、モナコ大公で、海洋学者でもあるアルベールⅠ世の命により設立された。地中海に突き出た岩山の先端に、海の青と溶け合うように作られた白亜の建物には、アルベールⅠ世が生涯かけて取り組んだ海洋学研究の集積ともいうべきコレクションが収められている。今では水族館や3Dシアター、インテリジェントホールなども併設され、子供向けの教育イベントや海洋学シンポジウムなど多彩な活動を展開し、観光スポットとしても人気がある。

父親の死後、笑顔もなく、死んだ魚のようにぐったりしていたヴァルターも海洋博物館は非常に気に入ったらしく、アルベールⅠ世が愛用した調査器具や帆船の模型、スチール写真を食い入るように見詰めている。

水族館ではカラフルな魚に目を細め、ふれ合い広場では可愛いカメやヒトデを手に取って、やっと淡い笑みを浮かべた。

海は生きとし生けるもの、すべての故郷よ。生命は海から生まれ、空に、陸に、巣立っていったの。陸に上がった人間が今もこうして海を懐かしむのは、海に暮らした何億年もの記憶を今も留めているからかもしれないわね

その後、ジュール・ヴェルヌの『海底二万海里』を読み聞かせ、フランスで最も愛された赤いニット帽の海洋学者、ジャック=イヴ・クストーの著書『沈黙の世界』にもチャレンジした。

クストーは海洋調査船カリプソ号を建造して世界中の海を渡り、優れた著作やドキュメンタリー映画などを数多く制作した。今のヴァルターには難しい箇所もたくさんあるが、海洋科学で世界の最先端をゆくフランスならではのエスプリがいっぱい詰まっている。ネーデルラントでもドイツでも、ここまで多彩な海の話はなかなかお目にかかれないだけに、息子には新鮮なようだ。

ページを繰りながら「いつか海の底に行ってみたい」とヴァルターが呟く。

「海の底には父さんがいる。冷たい海の底で、俺が探しに来るのを待っている」

「お父さまは世界中のどこにでもいらっしゃるわ。海の魚、星の瞬き、野に咲く花の一つ一つにお父さまの愛がある。あなたが信じる限り、お父さまも永遠に生き続ける」

淋しい日は二人で海岸に出かけ、浜に打ち上げられた二匹の魚のように身を寄せ、思い出を語り合った。寄せては返す波の音を聞きながら、アンヌ=マリーはシャンソンの名曲『La Mer(ラ・メール)』を口ずさむ。

海はあなたの心を揺りかごのようにゆさぶり、
愛の歌で慰めてくれる……。

海は生きとし生けるもの すべての故郷

”辛い時、悲しい時、私たちが海を見に出かけるのは、遠い昔、そこに住んでいたからかもしれないね”
上記の言葉は、森や山にも当てはまります(有名な喩えです)

人間は、自分が何所で生きるべきか、何によって生かされているか、 誰にも教えられなくても、本能で知っているのかもしれません。

どんな人(生き物)にも、どこかしら、帰る場所が必要です。

帰る場所があるから、人は何処までも遠くに行くことができる。

ゆえに、我が主人公も海から離れません。

人生をやり直す時も、思索する時も、常に海と共にあります。

そうした魂のふるさとを持つことが、 長い人生には意外と大事なのです。

【リファレンス】 モナコ海洋博物館

海洋科学といえば、日本もよく頑張っていますが、フランスのお家芸ですね。

こちらはアルベール一世の海洋博物館です。場所はモナコですが。

公式サイトはこちら → https://www.oceano.mc

専門家向けの研究施設から一般向けのイベントやアトラクションまで、知る、学ぶ、遊ぶ、様々な工夫がなされています。

モナコ海洋博物館

モナコ海洋博物館
Photo : http://goo.gl/E40gMW

オフィシャル動画も充実しています。

展示物だけでなく、カンファレンスやエクシビションも盛ん。まさに海洋科学の発信基地です。

世界で初めて、マリアナ海溝に到達したトリエステ号しかり。
科学者のオーギュスト・ピカールが設計し、息子のジャック・ピカールと海軍の中尉ドン・ウォルシュが海の最深部にトライしました。
最初の潜航は死にに行く覚悟だったと思います。

The bathyscaphe トリエステ
パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=209622

ジャック・イブ・クストーの作品はこちら。

沈黙の世界 DVD

ジュール・ヴェルヌは『海底二万里』より、『「八十日間、世界一周』と『十五少年漂流記』の方が面白かった。

La Mer(ラ・メール)は、フランスのシャンソン歌手、シャルル・トレネの名曲です。
海を想う気持ちが歌詞にもメロディにも溢れ、何度聞いても感動します。
特に「海は揺りかごのように、あなたの心を慰めてくれる」というフレーズがいいですね。

Mr. ビーン カンヌで大迷惑?! 』のラストシーンから。
この場面だけ見るとギャグですが、全編を通して見ると、すごく感動しますよ。

La Merもいろんな人が歌っていますが、個人的には、クリームみたいな甘い歌声が好きです。

聖書の引用から

作中に登場する、「父(神)よ、彼らをお赦し下さい。彼らは自分が何をしているのか分かってないのです」は、磔刑に処せられたイエスの足下で、なおも辱め、嘲る人々に対していわれた言葉です。詳しくは、聖書 新共同訳 新約聖書の『聖ルカ伝』をお読み下さい。

エクス=アン=プロヴァンスに「やんごとなき方々の古城がある」というのは完全にフィクションです。

第一章・運命と意思 Kindle Unlimited 版

稀少金属『ニムロディウム』の発見により、宇宙開発技術は劇的に向上するが、世界最大のニムロデ鉱山がファルコン・マイニング社の手に落ちたことから一党支配が始まる。 海底鉱物資源の採掘を目指すアル・マクダエルと潜水艇パイロットのヴァルター・フォーゲルとの出会い、生の哲学と復興ボランティアのエピソードを収録。
Kindle Unlimitedなら読み放題。

記事がありません。