世界は変わる 変えると決めた人が変えるのだ

La Mer ~世界は変わる。 変わると信じた人間が 変えるのだ

世界は変わる 変えると決めた人が変えるのだ

心の海が凪いでいる

目の前は
未だ黒い雲が垂れ込め
水面には陽も射さないけれど
それを見つめる眼は
不思議なほど穏やか
まるで心の海を映し出すように

風は荒ぶり
波は切り立つ

それでも彼は水際に立ち
一人静かにつぶやくのだ

世界中で この海を生かせるのは
私しかいない

心の海が凪いでいる
目の前の嵐とは裏腹に
それは深く確かな未来への決意
本当の強さはいつでも物静かなものだ

そうして彼は二たび
無の平原に向かう

そこには何も見えないけれど
確かに何かが存在するから
彼にだけ感じる
何かが在るから

世界は変わる。
変わると信じた人間が
変えるのだ

いまだ目覚めぬ未明の力よ
闇を貫く一条の光よ

無の彼方より立ち上がり
眠れる海を照らせ
尽きることなき創造の光で

その輝きに
世界が震える日まで

世界は変わる 変えると決めた人が変えるのだ

Tags:

詩想と引用の関連記事

海 くらげ

クラゲは死ぬと 黄色い月に生まれ変わるらしい 二十八夜ごとに 一匹ずつ 新しい生命をもらって 海の底から立ち昇るそうだ だけど  そこにも  ちゃんと一生があって 新たに生まれた月も 十五夜を過ぎれば欠け始め 二十七夜には回帰の月になって […]

海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしい

海が好き──というよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ。 子どもの頃、はしゃぎ回ったあの海は、眩いほどの青色をしていた。 遠い故郷に帰って来たような懐かしい気持ちになる。 [su_quote] 『海は生きとし生けるものすべての故郷よ […]

情報の海から一滴

好きな物や関心のあることだけが有為な情報ではない。 ふと目に入る広告や新聞の片隅の記事も心を傾けてみれば、いろんな気付きがある。 情報の海から『運命の一滴』を拾い出すのは奇跡のようなもの。 だが、探し求めれば、いつかは巡り会うことができる。