注目キーワード
  1. 堤防
  2. 深海
  3. 宇宙
  4. SF
  5. 人間ドラマ
ベルサイユのばら オスカルとマリー・アントワネット

愛を知って ~成長とは女性の苦悩が理解できること~

ベルサイユのばら オスカルとマリー・アントワネット

※ 『ベルサイユのばら』 第七巻 美しき愛の誓い に収録されていたエピソードより。

少女漫画の王道は、何と言っても、『ヒロインの心の成長』でしょう。

ドジで、弱虫で、我が侭だった私が、傷つき、苦しみながらも、思いやりのある素敵な女性に成長し、ついには、憧れのあの人と結ばれる――。
昔から繰り返される、型通りの筋書きに、飽きもせず惹きつけられるのは、そこに真の美しさがあることを、誰もが心の底では知っているからかもしれません。

ベルばらにも、そんな心の成長を物語る、非常に印象的な場面があります。

革命前夜、取り巻き達に見捨てられ、ベルサイユに取り残されたマリー・アントワネットが、何もかも諦観したように、「いま、わたくしが生きているのはもう……愛する子供たちと女王としての誇りと……」とつぶやくと、オスカルが、「フェルゼンのために生きていると、なぜおおせにはなりませんのか。おっしゃて下さい、昔のように」と迫ります。

それ以前、フェルゼンとの恋が宮廷中の噂になり始めた時には、オスカルは、「ご自身の立場をおわすれでございますか!」とマリーに厳しく詰め寄り、「あなたに女の心をもとめるのは無理なことだったのでしょうか」とマリーにしたたかに打ちのめされています。

その頃を思えば、なんとまろやかな成熟ぶりでしょう。

オスカルはもう、立場がどうとか、義務がどうとか、若い頃のように、一方的に責め立てたりしません。その苦しみを理解する一人の友として、マリーに寄り添っています。

「フェルゼンは必ずもどってまいります、そういう男です」と涙ながらに語るオスカルの表情には、男性の情愛の深さを確信するものがあるし、自身もまた、そうした愛に支えられているという自負が感じられます。

あの場面で、マリーを支えるオスカルは、王妃に仕える武官ではなく、愛を知った一人の女であり、同じ痛みと悦びを分かち合う、心からの同志ではないでしょうか。

愛を知って結実したのは、アンドレとの絆だけでなく、マリーとの友情もそうだと思います。

ベルサイユに取り残されたマリーも、オスカルの言葉に生きる勇気を与えられただろうし、オスカルも、最後の最後に、本当の意味でマリーの支えになれて、生涯の務めを果たした充実感があったのではないでしょうか。

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載していた時の未提出の原稿です。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

 

ベルサイユのばら 第七巻 より

永遠の名作、『ベルサイユのばら』全巻も、時代と共に様々に編纂され、現在ではオリジナルのタイトルを知っている人の方が少数だと思います。

ちなみに、私は全部ソラで言えますよ。

第一巻 新しい運命の渦の中に
第二巻 ゆるされざる恋
第三巻 栄光の座によいしれて
第四巻 黒い騎士をとらえろ
第五巻 オスカルの苦しみ
第六感 燃え上がる革命の火
第七巻 美しき愛の誓い
第八巻 神にめされて
第九巻 いたましき王妃の最後
第十巻 黒衣の伯爵夫人

これが全部ソラで言えてこそ、真のベルばらファンだ <(`^´)>

そして、ファンに第五巻といえば、「ああ、アレ」と分かるし、第八巻といえば、「ああ、あれ (*^_^*)」。何のことかすぐ分かるんですよね。

上記のエピソードは、こちらに収録されています。

話の流れとしては、アレの後ですな。

そう、アレ。

 ベルサイユのばら 4 (集英社文庫(コミック版)) (文庫)
 著者  池田 理代子
 定価  ¥ 681
 中古 76点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 3.4 (6 件のカスタマーレビュー)

子供の頃はさほど心惹かれませんでしたが、大人になって見ると、良さが分かるんですよね。

ベルサイユのばら オスカルとマリー・アントワネット

ベルサイユのばら オスカルとマリー・アントワネット

フェルゼンとの許されざる恋に身を焦がすマリーに、とうとうと正論を説いて、「あなたに女の心をもとめるのは無理なことだったのでしょうか」と諭されていたオスカルにもやっと理解できるようになった恋する女の気持ち。

四角四面のオスカルが、もうちょっと女心の機微を理解する世知に長けていれば、マリー様もポリニャック伯爵夫人に心の慰めを求めることなどなかったでしょうに。
女同士の友情の本質は「正義」ではなく「共感」という真理を感じさせるエピソードです。

初稿 2011年

Tags: ,

アニメ・漫画の関連記事

パリ

 ヨーロッパの夏の日照時間は長い。  夏至の頃には、夜の九時を過ぎても、まだ顔の見分けがつくほど明るく、広場も、食後のビールを楽しむ人々でごった返している。夏のこの季節、「夜」と言えば、十時以降を差し、「十時になったから帰ろう」ではなく、「 […]

ばら

私が「ベルばら」にすっ転んだのは小学校四年生の時です。 NHKで見た宝塚劇場中継がきっかけでした。 その頃は、愛だの恋だのという話はもちろん、生き甲斐だの、人生だのというテーマにも何の関心もなかったので、『オスカル』というヒロインとの出会い […]

ベルサイユのばら ロザリー ポリニャック伯爵夫人

「文句があったら、いつでもベルサイユにいらっしゃい」のポリニャック伯爵夫人の捨て台詞で有名なロザリーのお母さん轢死事故。実際、町中を走る馬車の速度は徐行する車より勢いがあります。ロザリーの生みの母であるポリニャック伯爵夫人を呼び止めようと身体を投げ出したお母さんの心情は想像して余り在るというコラム。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG