CATEGORY

ドストエフスキー

江川卓訳の『カラマーゾフの兄弟』と米川正夫訳の『罪と罰』をメインに人と社会について語るコラム。

  • 2019年11月16日

カインとアベルのたとえ話 ~父親を見殺しにするのか

長兄ドミートリィによる父親殺しを予感しながらも、ヨーロッパに旅立とうとするイワンの行動にアリョーシャは強い不安を抱くが、イワンは「カインとアベル」になぞらえて、「僕は兄貴の番人じゃない」とあしらう。後々、この判断がイワンの良心の呵責となって重くのしかかる。

  • 2019年11月2日

幸福に必要な鈍感力 ~鋭い知性はむしろ人間を不幸にする

次男イワンと決定的に違うのは、「それがひとつも苦にならないし、屈辱でもない」という点。一つ一つを「施し」「お情け」と感じ、自己卑下に陥ってしまったイワンの繊細な性格とはあまりに違う。アリョーシャには、この現世を生きるに必要な鷹揚さが備わっていたということだろう。他人の施しに預かるには、イワンはあまりに繊細で、同時に誇り高い人でもあった。

  • 2019年7月31日

ロシアとソ連と国家のイメージ ~自分は洗脳されないと言い切れるのか

ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』をもっとよく理解するなら、ロシア+ソ連の歴史は欠かせないので、先年、日本に帰国した時、入門編として二冊の本を買い求めたのですが、類に漏れず、明るい話はないですね。良い時もあったのかもしれないけど、ロシ […]

  • 2019年8月3日

子は永久に『子』~父親という人生の負債(7)

父親を殺したいほど憎んだとしても、親は親、子は親には永久に逆らえない。たとえ相手が強欲な淫蕩父でも、育児放棄するような親でも、子は生まれながらに十字架を背負わされたように、親を慕って生きていく。心底から否定などできるわけがない。それゆえに苦しむのである。

  • 2019年7月31日

リアリストは自分が信じたいものを信じる ~信仰と奇跡と自身の基軸(6)

『リアリストにあっては、奇跡から信仰が生まれるのではなく、信仰から奇跡が生まれるのだ』。盲目的に奇跡を信じることと、信じる気持ちから奇跡的な出来事を生みだすことは全く異なる。なぜ人は宗教に自分を委ねてしまうのか。アリョーシャはその他の信者とどこが違うのか。

  • 2019年7月31日

イワンと無神論 自己卑下と高い知性が結びつく時(4)

イワンがニヒルになるのも無理はない。幼少時、人生一番最初にして、もっとも身近な『神』である父親に見捨てられたのだから。それも”口に出すのもはばかるような男”となれば、自分を恥じ、自身や周囲に対しても、自嘲的かつ冷笑的にもなるだろう。一番信仰を欲しているのは、他ならぬイワン自身ではないか。

  • 2019年7月31日

父に捨てられた長男ドミートリィが金銭に執着する時(3)

父親に厄介払いされた長男ドミートリィは幼少時からたらい回しにされ、金で周囲の歓心を買う、無節操な人間に育っていく。自分の父親が金持ちの小地主と知った途端、実際以上の資産を受け継げるものと勘違いし、金勘定に長けた父親が自分を騙そうとしていると逆上したところから悲劇が始まる。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG