俗界で生きよ ~何が人間を強くするのか~

俗界で生きよ ~何が人間を強くするのか~                             

俗界で生きよ ~何が人間を強くするのか~
カラマーゾフの兄弟(江川卓訳) 第六編 第一節より

死の床にあるゾシマ長老は、心から慕う若いアリョーシャに「家族のもとへは行ったのだな、兄には会ったかの? あすも行くのじゃ、あとのことはほうり出しても、いそぐがよい。ことによると、まだいまなら恐ろしいことが起るのを防げるかもしれぬ。わたしは機能、あの人の大きな未来の苦しみの前に頭を下げたじゃ」と将来カラマーゾフ家で起きるであろう、不吉な出来事を予言する。
俗界で生きよ ~何が人間を強くするのか~

わたしはきのう、何か恐ろしいことが予感されたのじゃ……あの人の目つきにおのれの全運命が表れておるようであった。そのような目つきがちらと見てとれたのじゃ――そこでわたしは一瞬、あの人がみずから招こうとしておることを思って、ぞっとなったのじゃ。

<中略>

わたしがおまえの兄のもとへ遣わしたのはな、アレクセイ、兄弟としてのおまえの顔があの人の助けになることもあろうかと思ったからじゃ。だがすべてわれわれの運命は神の思し召しのままじゃ。『一粒の麦、もし地に落ちて死なずば、一粒のままにてあらん。されどもし死なば、多くの実をもたらすべし』と言われておる」

このシチュエーションは、”父なる『神』と、その子『イエス』”と置き換えても解りやすい。
地上の不幸=父親殺しを察した『神』なる長老が、『イエス』の役割を負うアリョーシャをカラマーゾフ家に遣わすという。
ここでのアリョーシャの役割は、福音を伝え、神の義を呼び覚ますもの。
実際、イワンにしても、ドミートリィにしても、淫蕩父のフョードルさえも、心のどこかではアリョーシャを恃みにしている。鼻先では、神の教えや教会をせせら笑いながらも、だ。
ドミートリィの虚勢も、イワンの無神論も、フョードルの放言も、結局は、神の掌の上での放浪ということ。
最初から神の勝利、というシチュエーション。

お前はこの僧院の壁の外へ出ても、俗界で修行僧として暮らすのじゃ。おまえは数多くの敵を持つことになろうがの、その敵ですらおまえを愛するようになるじゃろう。人生はおまえに数多くの不幸をもたらすだろうが、その不幸によってこそおまえは幸福になり、人生を祝福し、他の者にも祝福させるようになる――これが何より大切なことなのじゃ。

これは僧院に限らず、現代にも通じる、年長者から若者に対する祝福と励ましの言葉。

若くして隠遁するのも意義があるだろうが、アリョーシャは俗界に揉まれて、精神的に逞しくなった方が世のため人のためという、長老の見識でもある。

実際、現実社会で生き抜くほど、人間を強く、賢くするものはない。

アリョーシャの繊細さを知ればこそ、あえて俗界で生きる試練を課したのだろう。

もし、アリョーシャが生涯僧院にこもって暮らしたなら、いっそう慈愛の精神は深まるかもしれないが、実社会に則した知恵や図太さは身につかないだろうから。

Tags: ,

ドストエフスキーの関連記事

カラマーゾフの兄弟 江川卓

絶版になって久しい江川卓訳『世界文学全集(集英社)』のカラマーゾフの兄弟を抜粋と写真で紹介。現代的で読みやすい訳文です。原卓也訳との比較も掲載。2021年はドストエフスキーの生誕200年のアニバーサリーイヤーにつき文庫化の可能性もあり。興味のある方は復刊リクエストにご協力下さい。

難解・冗長で知られるドストエフスキーはどんな時代に生まれ、何に影響を受けて作家活動を開始したのか、ロシア史、文学史から読み解く伝記。賭博、借金、投獄、女、波瀾万丈の人生の中でもロシアの行くべき道を模索し、人類の処方箋を探し求めたドストエフスキーの深い知性と義侠心がひしひしと伝わってくる良書。

カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー

いまだに彼らの叡知も、心の情熱も、その昔キリストの示された姿より、さらに人間とその尊厳にふさわしいような立派な姿を創出することができないのだからな。かりにその試みがあったにせよ、できあがるのは奇形ばかりなのだ。