若者の劣等感、敗北感、挫折感

若さゆえの劣等感と敗北感 あるいは挫折感

若者の劣等感、敗北感、挫折感

盗人の烙印を押されたまま、誰にも信じてもらえず、故郷にも戻れず、世間を欺いた卑怯者として人々の記憶に残るぐらいなら、いっそこの世から消えてしまいたい――と思ったこともあったが、結局、その勇気もなく、負け犬みたいに拾われて、今は成功者の圧倒的な強さ(パワー)に打ちのめされるばかりである。

《曙光》MORGENROODのボツ部

テーマとして一番描きやすいのは、若者の劣等感や敗北感、挫折感、等々。
映画でも、漫画でも、読者の共感を一番呼ぶのは、若い主人公がボロボロに打ち負かされて、そこから這い上がってくる姿だろう。
言い換えれば、ヒーローに挫折はつきものだし、劣等感とも敗北感とも無縁なキャラクターには何の魅力もない。
これは実在の人物にもいえることで、有名人の講演会でも、伝記でも、一番印象に残るのは、その人の失敗談や暗黒史であろう。
そう考えると、強がりも、開き直りも、若い人にとっては、あまり魅力的とはいえない。かえって胡散臭い人物に映ることもある。
一番いいのは正直に生きること。
若さゆえの正直というのは、何でも馬鹿正直に打ち明けることではなく、自分の感情に素直であることだ。

思うに、人生の出発点というのは、低ければ低いほど、後で高く飛べるのかもしれないね。

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

創造的であることが あらゆる苦悩から 我々を救ってくれる

「創造的に生きる」とは、絵を描いたり、詩を書いたりすることではありません。無の平原から、意味のある何かを立ち上げることです。より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを創造的な生き方と言います。

愛の本質は、愛が終わる時に分かる

愛の無い人だったからこそ、私は掛け値なしの想いをあげた。 そして、それを、あの人は心から受け取り、大事にしてくれた。 私はあの人に、自分の想いが偽りでないことを証さねばならない。 あの人が、私の想いを心底信じ、自分のものにしてくれて初めて、 […]

ピアノ

「お前、愛はないのかい?」「誰に対して」「家族に対してだ」「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG