ピアノ

愛という名のエゴイズム

ピアノ
[su_quote cite=”三番街にピアノが鳴ったら” url=”https://novella.works/rachmaninoff-no3″ class=”quote”]「お前、愛はないのかい?」

「誰に対して」

「家族に対してだ」

「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」

「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」

「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」
[/su_quote]

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

海 くらげ

クラゲは死ぬと 黄色い月に生まれ変わるらしい 二十八夜ごとに 一匹ずつ 新しい生命をもらって 海の底から立ち昇るそうだ だけど  そこにも  ちゃんと一生があって 新たに生まれた月も 十五夜を過ぎれば欠け始め 二十七夜には回帰の月になって […]

海岸

彼はまだ気難しい顔をして、口を一文字に結んでいたが、心は微かに波立っている。 今はそれで十分。  心が動けば、行動が生じる。 行動すれば、流れも変わる。 何かを感じ取ること。 それが全ての始まりだ。 曙光 MORGENROOD

花

『失楽園』ブームがあまりに強烈だったため、渡辺淳一といえば「性愛小説家」というイメージがありますが、私は『女性に優しい作家』として読んでいます。 特に過去のエッセイなど読んでいると、とにかく女性を見つめる眼が優しい。 ブスと呼ばれる女性にも […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG