ピアノ

愛という名のエゴイズム

ピアノ
[su_quote cite=”三番街にピアノが鳴ったら” url=”https://novella.works/rachmaninoff-no3″ class=”quote”]「お前、愛はないのかい?」

「誰に対して」

「家族に対してだ」

「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」

「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」

「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」
[/su_quote]

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

夕暮れ 孤独

人間の孤独や苦悩の本質について考えたとき、私が真っ先に思い浮かべるのは、『エゴ』だ。 誰だって、自分が可愛い。 できれば、自分だけは傷つきたくないと思う。 そうして、いつしか心が自身の事でいっぱいになった時、私たちは利己的な欲望の塊になる。 […]

今日ぼくは引きこもるのをやめた

ボクがこの部屋に引きこもってから どれぐらいの月日が流れただろう はじまりは 小さな痛みだった なんとなく 人と会うのがつらくて 誰にも顔を見られたくない 話しかけられたくない そんな気持ちだった。 ☆ だからって 誰かに必要とされること […]

時計

時間のある人は、その時間を思い切り使って、やりたい事をやればいい。 やりたい事があっても、仕事や介護で時間が取れず、やれない人が聞いたら、地団駄踏んで悔しがる。 その人たちの為にも、やりたい事をやった方がいい。 一分一秒たりと、時間を粗末に […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG