結ばれるばかりが恋ではない

結ばれるばかりが恋ではない
あなたに知って欲しいこと

『結ばれるだけが恋じゃない』結果ばかり追い求めてると、自分自身はもちろん、相手の心も見失います。そのうち相手を自分の思う通りに操作しようとして、よけい事態を悪化させるかもしれません。先が見えないからこそ、結果にこだわらず、『今』というこの瞬間を楽しむことが大切なのです。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

原哲夫氏の時代劇漫画『花の慶次』(作:原哲夫)に、戦国の定めによって思いを遂げる事ができなかった武士に対して、主人公の慶次が『結ばれるだけが恋じゃないさ』と慰めるシーンがあります。

恋を語った言葉の中で、私が特に気に入っているものの一つです。

恋をして交際が深くなると、誰もが、
「この先、私たちはどうなるの」
「彼は将来の事をどれくらい真剣に考えているの」
といった不安にかられるもの。

中には結論を急ぎ過ぎるが為に、彼に同棲や結婚をほのめかし、それが元でケンカしたり、気まずくなるカップルも少なくないと思います。

だけど、心に留めておいて欲しいのは、『結ばれるだけが恋じゃない』ということ。
結果ばかり追い求めてると、自分自身はもちろん、相手の心も見失います。
そのうち、相手を自分の思う通りに操作しようとして、よけい事態を悪化させるかもしれません。

先が見えないからこそ、結果にこだわらず、『今』というこの瞬間を楽しむことが大切なのです。

物事には、成就するにふさわしい時期があり、プロセスがあります。
どうあがいても動かない時は動かないし、人生には、じっと嵐が過ぎ去るのを待つしかない時期が何度でも訪れるものです。
その度に、
「ああ、もうイヤだ、こんな辛い事には耐えられない」
「彼に何とかしてもらおう。いつまでもこんな事やってられない」
と慌てふためき、ジタバタしていたら、リンゴが熟す前に枝からポトンと落ちるようなハメになりますよ。

私たちは目隠ししながらマラソンしているようなものです。
その道がどこまで続いていて、どこでどう折れ曲がっているのか。
先にはどんな障害物があるのか。
どんなゴールに辿り着くのか。
今、自分がどの地点を走っているかさえ、本人には分かりません。
分かるのは、先の見えない道と、必死で走る自分の息づかいだけです。
目隠しが取れて、道の全容が見えるのは、まさにゴールに辿り着いたその瞬間なのです。

そんな苦しいマラソンをしているあなたに対するアドバイスは、
「とにかく最後まで走ってごらん」ということ――。

男女が出会ったら、結末は二つしかありません。
『結婚するか』『別れるか』です。
まれに友達に移行するケースもありますが、多くは、どちらか二つに流れて行くものです。
そこで心に留めておいて欲しいのは『別れは決して敗北ではない』という事。
恋する女性なら、大好きな彼と愛し愛される幸せな結婚に辿り着くことを夢見ますし、できれば、この幸せが永遠に続いて欲しいと願います。
しかし、現実にはいろんな出来事があって、やむなく別れることも少なくありません。時には、二度と立ち上がれないくらい打ちのめされることもあるでしょう。
だけど、どんな人間も、死ぬまで添い遂げられるのは『一人だけ』です。
相手が『その一人』でなかったら、終わるのは自然の理で、敗北でも何でもありません。厳正粛々な神様の取り決めです。
もし、今の彼と別れるような事になっても、それは『運命の相手』に巡り会う為の一つのプロセスに過ぎないのであって、そこで終わりじゃないんですね。

じゃあ、何のために苦しい思いをしてマラソンをするのか。
最初からダメだと決まっている道を必死で走らなければいけないのか。
それは、今走っている道の向こうに、また新しい道が続いているからです。

マラソンが終わり、目隠しが取れた時、あなたが『結婚』というゴールにいるか、『別れ』というゴールにいるかは、その時が来るまで分かりません。
でも、共通して言えるのは、どのみち、また先は続いていくということ。
『結婚』には結婚コース、『別れ』には新たな出会いコースが続いていて、そこからまた新しいマラソンが始まるのです。

マラソンが苦しくなった時、私たちはどうしても目隠しを取り、先を見たいと望みます。「もう走るのはイヤだ」と、その場にうずくまるかもしれません。
だけど、目隠しが取れて、道の先を見ることが叶ったとしましょう。
もし、その道が『別れ』のゴールに続いていたら、あなたはどうしますか。
もうすぐ終わると思っていた道が、まだまだ果てしなく続くとしたら?
あるいは、今まで楽だった道が、急斜面な凸凹道に変わるとしたら?
あなたは走るのを止めてしまいませんか?
ある意味、「先が見えない」ということは、神様の情けです。
先が見えないからこそ、走れる道もあります。
そうして走り続けるからこそ、いつか幸せのゴールに辿り着けるのではないでしょうか。

ただでさえ、二人が共通の体験を持つことが少ない遠距離恋愛の場合、二人の思い出が悲しい事や苦しい事ばかりだと、やっぱり続かないと思います。
女性側は、
「二人が一緒になりさえすれば幸せになれる。問題が解決する」
と思い込んでいるでしょうが、男性は、
「離れていてもイヤなものは、一緒になったらもっとイヤ」
と考えますから、騒げば騒ぐほど逆効果なんですね。

「彼が自分の事(あるいは二人の事)をどう思っているか」なんて考えても答えは出ません。あなたは「彼」では無いのですから。彼にしか分からないことを、あなたが必死に思い巡らし、答えを探そうとしても、疲れるだけだと思います。

それよりは、あなた自身の問題に目を向けて下さい。
あなたの恋の仕方、彼への接し方はどうなのか。
人生に対するあなた自身の姿勢はどうか。
仕事や生き甲斐に対する考え方はどうか。
彼の気持ちや二人の関係にばかり集中せず、自分自身を省みてください。

そして、彼との会話を楽しみ、彼との触れ合いを大切にして下さい。
男性は、「今」この瞬間を一緒に過ごして楽しい女性と、この先も生きて行きたいと願うからです。

ふさぎがちな自分に打ち克ち、いつでも心を明るく奮い立たせるのは容易な事ではありません。
だけど、そういう知恵や心の強さ、明るく真っ直ぐな精神力を養うことが、最終的にはあなたという女性を輝かせ、彼を決心させる大きな原動力になることを忘れないで下さいね。

最後に、私の好きな言葉をいくつかご紹介します。(全部、漫画ッス)
今、本が手元に無いので、若干、言葉が違ってるかもしれませんが・・

人生に何一つ無駄はなく、すべてが自分を磨くためにある。
恋をしなさい。愛しなさい。悩みなさい。苦しみなさい。
・・・その果てに、あなたの紅天女がある・・・!

美内すずえ『ガラスの仮面』

主人公のマヤちゃんが、紫のバラの人、速水真澄に恋した時、月影先生が心の中でマヤに贈った言葉。

恋はただ苦しかった。
でも、その中に、なんと誇らしく燃焼したものがあっただろう。

池田理代子『オルフェウスの窓』

「あなたも私もお互いに恋してる、それだけで十分じゃないの」と訴える美しい女性アマーリエを前に、イザークが昔の輝くような恋を思って、自分自身に問いかける言葉。

今、お前がやるべき事が何か、分かっているな。
まずは日本女子チャンピオンとしての努めを果たすことだ。
その時、恋も実るだろう。
忘れるな、テニスに挫折すれば、恋にも挫折するぞ。
女に価値があれば、男は待つ。待たせるだけの女になれ。

山本鈴美香『エースをねらえ』

藤堂先輩への恋に「待った」をかけられた岡ひろみが、コーチから諭される言葉。

初稿 : メルマガ『外国人に恋してしまったあなたへ 第4号』より抜粋 2008年9月24日

結ばれるばかりが恋ではない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる