愛の本質は、愛が終わる時に分かる

愛の本質は、愛が終わる時に分かる

愛の本質は、愛が終わる時に分かる

愛の無い人だったからこそ、私は掛け値なしの想いをあげた。
そして、それを、あの人は心から受け取り、大事にしてくれた。

私はあの人に、自分の想いが偽りでないことを証さねばならない。
あの人が、私の想いを心底信じ、自分のものにしてくれて初めて、私の想いも生きるのだから。
あの人の想いが続く限り、私も降りるわけにはいかない。
自分の孤独や苦しさを押し殺しても、この想いを貫きたいと思う。
貫いたところで、何も無いのは分かってる。
……分かってるけど、全てを無駄にしたくないのだ。

愛の本質は、愛が終わる時に分かるという。
ならば私も最後まで見届けたい。
この出会い、この想いが、“何もの”であるかを。

たとえ、それが無意味なお祭り騒ぎだったとしても、 私はそこからまた何かを学べるはずだから。

人を愛せた自分を誇れるはずだから。

記 1998年秋

Tags:

詩想と引用の関連記事

Twitter

ネットで見かける多くの書き込みは、 一見ダイアローグ(対話)のように見えて、 本質はモノローグ(独白)である。 相手に話しかけているように見えて、その実、自分の方しか見えてない。 それを生きた人間関係のように思い込んでしまうところに、様々な […]

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

「人生を無駄にする」ということは、負けて、劣って、終わることではない。本当の自分を理解しないまま、言い訳にうもれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことだ。たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せである。

シャロットの女 Atkinson Grimshaw アトキンソン・グリムショー

恋を知り あなたを知って 私は死へと旅立つ 報われぬ想いを胸に 夜の果てへ 恋を知り あなたを知って 私は永遠に孤独になった もう何処にも救いはない この地上に あなた以外に もはや死だけが 私を安らかにする 悲しみも苦しみもない 永遠なる […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG