恋愛関係における変化を恐れない ~どんな仲好しでもつまづくのが当たり前~

2020 3/02

あなたに知って欲しいこと

人間関係は好意で始まっても、様々な出来事を経て、次第に変化するものです。時には相手に失望したり、怒りを感じたり。その都度、二人でじっくり話合い、妥協点を見つけて、こじれた関係を修復する点に恋愛の意義があるのです。本当に二人の関係が終わっているなら喧嘩も話合いもありません。ぶつかるのは関係が生きている証です。

初めて彼氏ができた人によくある勘違いなのですが……

どんな情熱もいつかは冷めるし、毎日顔を合わせていれば、ときめきも失われます。あれほど熱心だった彼が、まるで潮が引くようにおとなしくなって、「嫌われたのではないか」と不安になるかもしれません。

でも、人間関係は活きている限り、刻一刻と変化するもの。

とても好きな時もあれば、ちょっと距離を置きたい時もある。

去年も、今年も、来年も、ずーっと同じ――ということはありません。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る → https://note.mu/poetry/n/n5442f6747f4a

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる