MENU

国際恋愛 ~宗教の違いをどう乗り越えるか

あなたに知って欲しいこと

社会的にも、文化的にも、克服すべき問題がたくさんありますが、読者さんからは、彼の気持ちや事情を第一に考えながら、冷静に状況を見極めようとする気持ちがひしひしと伝わってきます。「好き」なだけでは乗り越えられないのが国際恋愛であり、文化や宗教の違いです。

以下の文章は、メルマガ『外国人に恋してしまったあなたへ』に寄せられた読者さんからのお便りです。個人情報が分かる箇所は私の方で編集しています。「宗教」「戦争」をテーマにした配信に対するレスポンスです。

なお、『イスラム教徒の彼』が登場しますが、2003年の体験談です。
現在とは事情の異なる点もあると思いますので、よろしくご了承下さい。

------------------------------------------------------------------------------------

国際恋愛は、言葉、習慣、国柄…etc…の問題(いろいろあります)

でも、言葉なら、自分が頑張れば何とかなるかも知れません。私と彼の共通語はフランス語です。つたない私のフランス語も、日々、彼との会話で上達しつつあります。習慣なども、お互いが理解し合えるようになれば、なんとかなるかも知れません。<でも、これは、どちらかが大きく理解してあげて折れてあげないと難しいですよね。

私は、このどれにも当てはまらない宗教…という問題を抱えています。

彼とは、もう4年近く付き合っていますが、私たちには先のない交際です。…というのも、彼の宗教上の事で、私達は結婚が出来ません。今、こうして付き合っている事すら、本来は罪となり、許されないことなんです。

彼はイスラム教徒。<私は無宗教> 

全文を読むにはパスワードが必要です

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは『有料コンテンツについて』をご参照下さい。

note.com マガジンのご案内

この投稿は、2017年までsanmarie*comに掲載していたものです。現在はnote.comにて有料配信しています。

この投稿をnote.comで見る →

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる