妖精

別れる勇気 ~相手に執着しない~

妖精

皆さんは、勇気をもって好きな人と別れたことがありますか?

自分から別れを告げるのはもちろん、相手に振られた時、きっぱりと忘れる決意をすることも、立派な「別れる勇気」です。

どちらも大変な気力と体力を必要としますが、どんな「別れる勇気」にも共通していえるのは、これほど見事な勇気はないということ。私は、未練も愛着も振り切ってきっぱり別れを決意できるのは、人生最大の勇気ではないかと思います。

「別れ」の潮時を決めるきっかけは人それぞれ。

身体の奥深くで直観する時もあれば、人に指摘されて気付くときもあります。また相手が転勤したり、自分のポジションが変わったりと、物理的要因がきかっけになる時もありますね。

なんにせよ、その潮時に気付いて、決意を固めるのは大変なこと。

付き合いが長ければ長いほど、深ければ深いほど、別れるのは本当に難しいと思います。

だからこそ、それをきっぱり実行できてしまう人は、最高に美しい。

※ Members only ※

購入者限定のコンテンツです。続きを読むにはパスワードを入力して下さい。

Tags: , ,

言葉の倉庫の関連記事

自信たっぷりに育てられたら、子どもだってたまらんさ

子育てに関する数ある言葉の中で、私が一番好きなのが「そんな自信たっぷりに育てられたら、子どもだってたまらんさ」という台詞です。出典は、人気漫画家、吉田秋生さんの出世作『カリフォルニア物語』です。 本作は、離婚歴のある大物弁護士の父親と、品行 […]

犬 Notes

秋葉原で通り魔による連続殺傷事件が発生した時、ワイドショーにかじりついていた人なら聞き覚えがあるでしょう。 「人と話すって、いいね」 教育ママの期待を一身に背負い、エリート校に進学したものの落ちこぼれ、あちこちの職場を派遣社員として転々とす […]

17歳のオイディプス

目次 1 十七歳のオイディプス1.1 次の進路で人生が決まる1.2 「親 死ね」「親 殺す」の正体 十七歳のオイディプス 次の進路で人生が決まる 西暦二〇〇〇年頃、十七歳前後の少年による凶悪犯罪が相次ぎ、『キレる十七歳』という言葉が世間の注 […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG