注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
CATEGORY

恋と女性のライフスタイル

恋と女性のライフスタイル、子育てと親子関係、子供の自立に関するコラム。note.comで有料マガジンとして配信しています。

  • 2020年3月27日

腐っても、母親 ~子供にとって母親は神聖な存在

母親のイヤな面を見て傷つこうと、母親を赦そうとする子供の情の深さに比べたら「あるべき姿」を求め、いとも簡単に自分の子供を見切ってしまう母親というのは、どれほど頼りなく、器の小さいものかと思います。「その人のあるがまま」を愛しているのは、子供の方ではないでしょうか。

  • 2020年3月2日

「怒ること」は悪ではない ~内なる感情を大切にしよう

あなたは「怒り」をもっと大事にしていい。人間の気持ちの一つとして尊重していい。それをどう表現するかが問題であって、怒りそのものが悪ではないのです。怒りも尊い感情の一つと捉え、怒っている自分自身を大切にしましょう。「怒るのは悪いこと」と自分を否定する必要はありません。

  • 2020年2月29日

宝石エッセー『夢見るジュエリ』とヴァンドーム青山 ~女の子を幸せにする魔法

何十万もするような高級ブランドの宝石でなくていい。自分の感性に一番ピッタリくる石。それを一つ、自分の守護神として身につけたら、持っているだけでキラキラと幸せな気分になるものです。 エッセイスト・岩田裕子さんによる、素晴らしく洗練されたジュエリ・ブックです。

  • 2020年3月1日

Set them Free ~本当に愛しているなら、相手を自由にしておくこと

二人の関係を確かなものにする為に、相手の気持ちも行動も束縛し、自分の思う通りにコントロールしようとする人がありますが、それは間違った愛し方です。相手を自由にすれば、物理的な距離は開きますが、心の距離はかえって近くなるもの。恋愛関係において、一番大切なのは距離感です。

  • 2020年3月2日

「世話する」と「育てる」は違う 

子育ての本当の価値が分かるのは、自分の子が成長して親になった時です。子供時代だけを見て正否を決めることはできません。あれもこれも欲張って、子供に高望みしても、孤独で不幸な大人になってしまったら意味がありません。たとえ子供が自分の思う通りに育っても、愛し足りなかった悔いは一生残ります。

  • 2020年3月2日

子供は子供に磨かれる ~本当の「いい子」の育て方

子供は親が意図して作り上げるものではありません。子供同士の切磋琢磨やぶつかり合いによって得るものの方がはるかに多いです。いい子に育てたければ、年齢や属性を問わず、いろんな子供と接することが大事です。その過程で怒りや悲しみを経験しても、子供同士の関わりを通して人間力が育まれます。

  • 2020年3月2日

考えるより、まず生きる ~人生は理屈の中にない

「恋愛とはこういうもの」「人生とはこういうもの」という自分なりの主義主張を打ち立てたところで、必ずしもそれに見合うものが得られるとは限らないし、そもそも、自分の欲するものが分からない状態で幸せなど掴みようがないのです。

  • 2020年3月2日

「いい子」って、誰が決めるの?

大人は普通に「いい子」という言葉を口にしますが、いい子か否かは誰が定義するのでしょう。もしあなたが一所懸命に頑張っているにもかかわらず、「いい親じゃない」と決め付けられたらどんな気持ちがするでしょうか。いい子とは多くの場合、大人にとって都合のいい子を意味します。

  • 2020年2月29日

幸せの鍵は「素直さ」

正直にあなたの悩み、淋しさを打ち明けてみましょう。素直な女は誰が見ても可愛いものです。人が本当に愛するのは、傷つき、苦しみながらも、一所懸命に生きてる女性なのです。

  • 2020年3月2日

あなたに「さよなら」を言ってくれる男性は優しい

突然の別れを告げられて、動揺しているあなた。心配しないで下さい。ちゃんと「さよなら」を言ってもらえるだけでも上等です。ちゃんと振られた女より、都合よく使われて、何年もズルズル振り回されている女の方がもっと哀れです。

  • 2020年3月3日

子育てのゴール ~子供が「大人になる」ということ

子育てのゴールは、成人して、いい会社に就職したり、独立して所帯をもったからといって、「大人になった」訳ではありません。何歳であっても、心の成熟なくして「大人」とは言えないし、また年若くても、精神的に成長する子はいます。年齢や能力や条件だけが大人の条件ではありません。一番大事なのは、親を一人の人間として理解し、受け入れることです。

  • 2020年3月2日

悩まない育児 ~その『悩み』に愛はありますか?

自分が「こうあるべき」「こうなって欲しい」と思い描くことは、本当に子供にとってありがたい愛情なのか。むしろ、そう願うことが、逆に子供を苦しめているのではないか。本来、愛に悩みはない。欲が消える。愛することは、待つこと。育児の悩みを突き詰めれば、実は親のエゴだったりします。