注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
CATEGORY

恋と女性のライフスタイル

  • 2020年3月3日

自尊心とは、欠点も含めて、自分に「よし」と言えること

人より優れることが自信と思い込んで、ダイエットや自分磨きに必死になる人も多いですが、自尊心というのは、「鼻ペチャでも、ソバカスだらけでも、私は私。何でも好きなことに挑戦して、楽しく生きよう」と心の底から思えることです。息苦しい社会で、自分らしく、堂々と振る舞うのも勇気が要るかもしれませんが、心の中で自尊心を保つことはできます。

  • 2020年3月2日

『仮面親子』 本当の自分を見せるのが怖い親と本当の自分を見せられない子供

「自然体になれない」「普通が、どういうことか分からない」という親は、本当の自分を見せたら子供に嫌われるという気持ちが人一倍強いのかもしれません。それは裏返せば、自分がそういう親を蔑んで、今も許してないからではないですか? 本物の親子とは何なのでしょう。

  • 2020年3月2日

子供は生きているだけで「上等」、可愛いと思えるだけ「幸せ」

子供がもっと小さかった時の写真やビデオを見返して、この頃、自分がどんな気持ちでいたか思い出すと、「もっとリクツ抜きに楽しめばよかったなぁ」とつくづく思います。果たして「子供を一人前に育てる」だけが全てなのか。母親が子育てに幸せを感じなければ、たとえ子供がいい子に育っても、本当はちっとも幸せじゃない。

  • 2020年3月2日

毒親に苦しんだあなただからこそ、出来ることがある ~書籍『親の死を願う子供たち』のあとがきより~

乗り越えたと思ったら、また新たな問題が持ち上がり、何度でも、何度でも、どん底に叩き落とされる。その度に、人の倍ほど苦労して、理不尽に感じることもあるかもしれません。親子関係の傷も、一生抱えて生きていくことになるかもしれません。それもまた、あなたの人間的な能力の一部です。

  • 2020年3月2日

親の死を願っても、人生は変わらない

親の死を願っても人生は変わりません。親が変わることを願っても、親は死ぬまで変わりません。変えられるのは自分の気持ちと生き方だけ。無理に許す必要はありません。親の呪縛を逃れて、自分らしい人生を生き直してみませんか。

  • 2020年3月2日

まともな男は浮気しない

不倫は文化でも個人の自由でもありません。特に独身女性の悩み苦しみは無視され、男性の勝手な言い分ばかりがまかり通っています。女性をみじめな立場に追いやっても愛し愛されていると言えるのでしょうか。私は彼に愛されていると信じ込む前に、本当の誠実と責任感は何か、じっくり考えてみて下さい。

  • 2020年3月2日

国際恋愛の心得 ~『都合のいい女』にならない為に~

掲示板にせっせと書き込んでいる女の子たち、みな、それぞれに一所懸命だし、魅力のある子だと思うんです。彼の一言、一言にすがるようにして生きているという感じで。でも、みんな恋に夢中だし、何と言っても、相手の男性が外国人だから、正体が見抜けない、もしくは採点が甘くなってしまうのでしょう。

  • 2020年3月2日

傷つけ合わない親子関係など無い ~心が寄れば、擦り合うのは当たり前

子どもが親に腹を立てるのも、あなたが子どもの態度に傷つくのも、それだけ心が近い証拠です。誰よりも近く、愛を求める関係だから、思う通りにならなかった時の怒りや失望が大きいのです。見方を変えれば、触れ合う部分があるうちは関係修復のチャンスもあります。本当に冷め切った関係は怒りも失望も感じない、ただの無関心です。

  • 2020年3月2日

親も自分の生き方にフォーカスする ~自分が克服すべき問題を子どもに重ね見ていませんか?

空しさや劣等感など、本来、自分が克服すべき問題を子どもに重ね見て、子どもを通して解決しようとしていませんか。あなたの人生の問題は、あなた自身で解決しなければ、意味がありません。子どものことはいったん横におき、自分自身と向き合いましょう。

  • 2020年3月2日

対決を通しての親子関係の安定 ~立派な親の姿を見せるより、正直な人間として子供と向き合おう~

立派な親だから、正しいことを言っているから、尊敬されるわけではありません。愛とはもっと正直なものです。子供は人間である親を理解し、愛したいのです。立派であらねば……という気負いは、かえって子供の心を遠ざけ、負担となってしまいます。本当の自分を恐れずにさらけ出してみませんか。