腐っても母親

腐っても、母親 ~子供にとって母親は神聖な存在

腐っても母親

親が子供を愛する以上に、子供は親を愛している

『婦人公論』2007年4月22日号の特集「子育ての正解は『自分流』」の特集に、こんな言葉がありました。

親の育て方が子供の個性に影響を与えるのではなく、子供の個性が親の育て方を決めている、とも言えるわけですよ。

発言者はお茶の水女子大学教授で、子育てに関する本もたくさん著しておられる菅原ますみ先生。

対談相手の脳学者・茂木健一郎さんの「世間で流布している議論と、研究されていることとの間にギャップを感じませんか」という問いかけに対し、

実際の研究で得られた結果は、そんな単純なものじゃありません。
子供が遺伝子的に持っている特徴、家庭外の環境といった複雑な要素が絡んで、個性は育っていくわけです。
さらに、親の子供に対する態度だって、穏やかな子供か、やんちゃ坊主かで違ってくることは、よくあるじゃないですか

と前置きした後、「親の育て方が……」と続くわけです。

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

あなたのお子さん、夜中に「親 死ね」「親 殺したい」と検索していませんか? なぜ彼らは親の死を願い、殺したいと考えるのか、子どもの自立とは何かを考えるコラム集。
詳しくは、note.com 「親の死を願う子供たち」をご参照下さい。
親の死を願う子供たち

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG