注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
腐っても母親

腐っても、母親 ~子供にとって母親は神聖な存在

腐っても母親

親が子供を愛する以上に、子供は親を愛している

『婦人公論』2007年4月22日号の特集「子育ての正解は『自分流』」の特集に、こんな言葉がありました。

親の育て方が子供の個性に影響を与えるのではなく、子供の個性が親の育て方を決めている、とも言えるわけですよ。

発言者はお茶の水女子大学教授で、子育てに関する本もたくさん著しておられる菅原ますみ先生。

対談相手の脳学者・茂木健一郎さんの「世間で流布している議論と、研究されていることとの間にギャップを感じませんか」という問いかけに対し、

実際の研究で得られた結果は、そんな単純なものじゃありません。
子供が遺伝子的に持っている特徴、家庭外の環境といった複雑な要素が絡んで、個性は育っていくわけです。
さらに、親の子供に対する態度だって、穏やかな子供か、やんちゃ坊主かで違ってくることは、よくあるじゃないですか

と前置きした後、「親の育て方が……」と続くわけです。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

初稿: 2008年4月7日 @ 6:11 AM

> > >