海 夜

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし 煙草の銘柄は?

海 夜

マッチ擦る つかのま海に 霧ふかし 身捨つるほどの 祖国はありや

有名な寺山修司の短歌だが、なぜ私はこの時、作者が煙草を吸い、その銘柄は何だったのかと考えるのだろう。

ピース? ハイライト? まさかチェリーということはないだろう。

そして、その海が、なぜ青森だと思うのだろう。

しかも、時間は『夜』で、テトラポッドのある海岸だと。

ちなみに、有名な著述家にして、思想家でもある某氏が、『身捨つるほどの 祖国はありや』などという若者は信用できない、みたいな事を言っていたが、どうして『祖国』は祖国だと鵜呑みにするのだろう。たまたま、そこに『そこく』がはまったから、そのような句に喩えただけで、実家であり、故郷であり、生まれついた定めであり、自分を縛る世間であり、いろんなニュアンスがあるはずなのだけど。

ところで、擦ったマッチと吸い殻は、どこにいったのか。

私にはポイ捨てできずに、コートのポケットに忍ばせて持ち帰った、寺山修司の姿が浮かぶ。

Tags: , ,

寺山修司の関連記事

グランドキャニオン

自分が立てば、周りは二の次になる。周りを優先すれば、自分がなくなる。自分と他者との関係はいつでもシーソーです。

秋 木

寺山修司の詩・戯曲・短歌・コラムからお気に入りの作品を紹介。『木』と書いてみればよくわかる、淋しさの意味。二本の木が涙ぐむ時。

政治 Note

「政治的な革命というのは部分的な革命にすぎない。全人的な意味での革命とは、本当に自分が望んでいることがなにかを知ることから始めなければならない」「自分の望みがわからない」というのは、突き詰めれば、高次な展望を欠いている、ということ。