三原山 伊豆大島 登山道

三原山トレッキングを安全に楽しむコツと火山博物館【伊豆大島】

三原山 伊豆大島 登山道

三原山といえば、私ぐらいの世代には、1986年の噴火が今も生々しく記憶に残っています。

あのぅ……これって、ハワイじゃないよね……観光地で名高い伊豆大島だよね (@@;)……と、毎日のように新聞やニュースに釘付けになり、島はどうなるのかしらと固唾を呑んで見守っていたものです。

↓ 私が地学に興味をもつきっかけになった自然現象の一つ

そういう人が今も多いせいか、伊豆大島に来たら、どれほど天気が悪くても、「三原山だけは行きたい」という人が後を絶たず、タクシーの運転手さんの話によると、雨天でもカッパを着て三原山トレッキングする人が居るそうです。

まあ、気持ちは分かる。

私も台風接近の前日で、どうしようか非常に迷いました。

山頂には霧がかかり、良好なコンディションでないのは一目瞭然でしたから。

しかも、台風が迫っており、判断を誤れば、とんでもない状況に陥る危険性があります。

一方、サンセットパームラインのある西側海岸は汗ばむほどに日が射し、時折青空ものぞくほど。このまま晴れるのではないかと期待を抱かせるような空模様で、この場所による天気の違いが島の気候の予測不能なところでもあります。

最終的に「行こう」と決めたのは、雲の動き方と公共機関でした。

西海岸に関しては、時々、雲がかかるけども、すっかり太陽が隠れるほどではない。

山頂も、厚い雲がかかっているが、空全体が覆われる感じではない。

また、大島バスもタクシーも三原山に向けて運行していたので、最終バスの時刻 15時30分(路線バス時刻表で確認のこと)か、一本早い 14時30分までに戻れば何とかなる、というのが論拠です。

↓ 最終的にはこのような進路になりましたが、台風20号が西側に進路を変えて、さらに影響が強まる恐れもありました。
台風 伊豆大島

結果……

山頂展望台の周辺はともかく、火口に関しては、強風が吹き荒れ、霧で何も見えない、雲隠れ才蔵状態。
どこに火口があるのさえ、全く分かりませんでした。

三原山 山頂 伊豆大島

山頂にだけ傘のように霧がかかっているのがよく分かります。
これが強風に乗って、霧吹きみたいに吹き下ろすのです。
天然のミストシャワーと言えば聞こえがいいですが、決して笑える状態ではありません。

三原山 伊豆大島 登山道

カルデラ底部の登山道の辺りは、時々、青空も覗くほどだったのですが、山頂に近づくにつれ、霧に巻かれる状態。
台風による強風と湿気の影響です。

三原山 伊豆大島 登山道

本当はこういう三原山が見られたはずなのですが・・

三原山登山の注意点

三原山登山と一口に言っても、四つのルートがあります。

初心者向けの火口めぐり
大島バス、もしくは車で、山頂展望台にアクセス。整備された平坦な登山道を歩いて、火口をめぐり、同じ展望台に戻ってくる。

大島温泉ホテルルート
大島バス、もしくは車で、山頂展望台にアクセス。火口をめぐった後、三原山の北側を降りて、大島温泉ホテルに抜ける。

テキサスコース
山頂展望台 → 火口めぐり → 三原山の北東部を横断して、大島公園方面に抜ける。

月と砂漠ライン
広大な裏砂漠を横断して、大島一周道路の東側に抜ける。

写真は『伊豆大島NAVI 三原山トレッキング』より

地図を見るだけなら、どのルートもさほど難しく感じませんが、[su_highlight background=”#fffacd”]最大の問題は帰りの移動[/su_highlight]

大島バスが定期的に運行する一般的な火口めぐりはともかく、『月と砂漠ライン』や『テキサスコース』は、下手すると、来たのはいいが、帰りの足がないという事態に陥ります。

大島温泉ホテルに抜けるにしても、ホテルに宿泊するのでなければ、そこからどうやって移動するか……という話ですね。

登山は、[su_highlight background=”#fffacd”]早朝に登り始めて、昼過ぎには下山する[/su_highlight]のが基本です。

間違っても、昼過ぎから登り始めないこと(火口を見に行くだけならOKですが)

理由は、山の中は、町中よりも早く暗くなるからです。

日没時刻が18時でも、山陰や木陰の影響で、太陽の光がすぐに陰ってしまいます。

明るいのは遮るものがない山頂だけ。麓に向かって下るほど、日も陰って、視界も悪くなります。傾斜の大きな下り坂で、石の多い登山道なら、足もとがよく見えず、転びやすくなります。

エベレスト登山でも、下山時に遭難が集中するのは、時間が経てば経つほど、身体的にも、気象的にも、不利になるからで、早く登って、早く降りるようにして下さい。登山開始の時間が一時間早まるだけでも、帰りの状況は大きく違いますよ。

ちなみに、天候と登山客の数によっては、山頂展望台の食堂も早く閉まることがあります。

私たちが訪れた時も、1時半で調理は終了。「今日はお客さんが少ないから、早めに火を落としたんですよ~」と。それも仕方ないです。

だから、何でも施設を当てにして行動したら駄目ですよ。

大島バス 路線時刻表

一般的な火口めぐり(初心者向け)

頂上の展望台から火口に至る道は、きれいにコンクリート舗装され、距離的にも、直線的には1.3㎞(火口展望台から山頂展望台まで)なので、登山道としては初級レベル。

カルデラ底面も、ほぼ平坦で、幼児でも楽々歩けるコンディションです。

ただ、火口に向かう急斜面で、つづら折りの坂道が繰り返し、これが結構、心臓破り。

私も何度も2000メートル級に山に登っていますが、けっこう、胸にきます。既往のある中高年者は要注意。

カルデラ底の登山道が楽勝なので、調子に乗って、そのまま勢いよく坂道に突入したら、大きな負担がかかりますので、随所で一休みしながら、ゆっくり参りましょう。

また、カルデラ底に関しては、高い木々が茂っているわけではないので、晴天時は直射日光も強いと思います。

入り口のショップで十分に飲料水を確保してからお出かけ下さい。

三原山 山頂 火口

山頂にある、有名なゴジラ岩。1989年の噴火時に出来たものだそう。ゴジラの横顔に似ていることから、ゴジラ岩と呼ばれ、ゴジラ・クッキーとか、ゴジラ饅頭みたいな郷土菓子にもなっています。

山頂斜面のつづら折りの坂道を登ったところにあり、晴天なら見晴らしがいいのですが、私たちが登った時は強風が吹き荒れ、あと10分、この状態が続いたら、引き返そうと思ってました。
火口の近くまで来ると、風がやや収まり、霧の向こうに太陽が燦々と照っているのも分かったので、前に進んだのですが。
しかし、この辺りは、平常時でも風がきついのかもしれないですね。

三原山 伊豆大島 ゴジラ岩

その他のルートについて

筆者はその他のルートは回っていないので、細かなコメントはできませんが、いずれにせよ問題になるのは『移動』だと思います。

特に、島の東側(裏砂漠の広がる方面)については、これといった集落もなく、バスの本数も一日3本とかいう状況です。

大島公園に近いテキサスコースについても、Google Mapで見る限り、山も中ですから、移動の足もなく、コンディションの悪い中、突き進むのはおすすめしません。

宿泊する場所にもよりますが、大島公園まで行き着いたところで、そこからどう宿舎まで戻るか……という話になった時、都会みたいに、路線バスやタクシーがしょっちゅう往復して、大勢の乗客を運んでいるわけではないですからね。

運転手さんの話では、雨天でも雨合羽を着用して行く人があるそうですが、夏の盛りならともかく、平均気温の低い日は避けた方が無難です。特に、子ども連れ。

話によると、霧の濃い時は、霧の中を歩いただけで、衣類も何もかも、ずくずくになるそうですよ。雨のように、傘を差せばしのげるものではないですから。

今回、私たち一家が霧の中で火口を目指したのは、連日の猛暑だった理由も大きいです。衣類が濡れても、そこまで体温を奪われることはない、という計算です。
絶えず風が吹き荒れて、運転手さんが仰るような「霧の中に居るだけで、濡れ鼠」という状態でもなかったですから。

また、三原山周辺の気象は、一帯がよほどの晴天でもない限り、予測が難しいのも本当だと思います。

実際、私たちがタクシーで三原山に上がった時も、山の北側の新火口展望台の辺りはかなりの雨が降っていたのに、そこを抜けて、山頂に近づくにつれ、ぱーっと日が射してきて、ベテラン運転手さんでさえ、「おかしな天気だ、こんなの初めてだ」というくらいでしたから。

ということは、その逆もしかりで、今まで日が射していたのに、移動に伴い、あっという間に雨模様になることも考えられるわけで、降雨の可能性がある限り、決して油断してはいけないのが登山だと思います。

伊豆大島 三原山 島東側ルート

私も、欧州では、2000メートル級の山に何度も登って、何度かはコワ~い思いもしていますが、それでも、ここまで危険を感じなかったのは、『足(マイカー)があること』と、山が人気リゾートのエリアにあり、とにかく麓まで来れば、夜遅くまで営業している商業施設がたくさんあり、夜中でもタクシーが呼べるような環境だったからです。

しかし、大島の場合、なんと言っても公共の『足』が乏しく、下手すれば、人気のない東側の海岸にぽつんと取り残されることになる、ということです。

また、大島公園や、大島温泉ホテルまで下りてきても、周囲に何があるわけでもなく、町中の商業施設も午後5時~6時にはパタンとシャッターを下ろしてしまう環境ですから、隔絶感がハンパないですよ。

いざとなれば、民家の戸を叩く手もあるでしょうけど、そんな簡単なものではないですからね。

小さな島ですけど、足(車)のない旅行者には、決して甘い環境ではないので、登山計画を立てる時は、十分に余裕をもって、悪天候なら諦める気持ちで、旅行をお楽しみ下さい。

[su_box title=”三原山登山を安全に楽しむ為に” style=”soft” box_color=”#fffacd” title_color=”#252121″ radius=”5″]1. 早朝に行動を開始して、昼過ぎには下りてくる
三原山に限らず、登山の原則です。どんな小さな山でも昼過ぎてから登るものではないです。(よほどインフラの整った観光登山でない限りは)

2. 三原山の天気は変わりやすいと心得る
私たちは運がよかっただけ。カルデラ底で荒天に巻かれる危険性もありました。
「せっかくここまで来たのだから」と強行しないこと。
山頂展望台から遠目に溶岩が見られるだけでも良しとしましょう。
[/su_box]

ギャラリー

三原山といえば、やはり溶岩。噂に聞くだけで、実際はどんなものか、素人には想像もつかない伝説のマターです。

撮影時のコンディションが悪いので、画像にエフェクトかけて、やっとこんな感じ。

山頂から溶岩があふれ出た様子がよく分かります。

伊豆大島 三原山

冷えて固まった溶岩はゴツゴツの穴だらけ。踏みしめると、独特の、クシュクシュっという音がして、不思議な感覚です。

伊豆大島火山博物館

こんな死の岩みたいな隙間にも植物は生い茂るんですね。後述の、火山博物館のムービーでも取り上げていましたが、この植物(名前を忘れた・・!)の根っこは数メートルの長さがあり、分厚い溶岩を突き抜けて、水分を含んだ地下にまで到達しているんですね。根が地下に達するまでに枯れそうなイメージですが、生命力が強いのでしょう。こうした植物の力により、何十年後か何百年後にかは豊かな森林になるそうです。ブラボー伊豆大島。

伊豆大島火山博物館

溶岩は中身がスカスカで軽量なので、こんな大きな塊もラクラク持ち上げることができます。友人・家族への自慢話にいかがでしょうか。

↓ 重い振りをしていますが、見た目よりうんと軽い
三原山 伊豆大島 溶岩

火口近くの案内板。ここでルートを間違えると、まったく意図せぬ方向に行ってしまうので、悪天候の時は気を付けて。
私たちの時は、視界数10メートルぐらいで、まったく見当も付かず。

伊豆大島 三原山 山頂

溶岩流も避けて通る、霊験あらたか三原神社(大島ジオパーク・データミュージアム)。まるでUnsinkable Molly(不沈のモリー・ブラウン。タイタニックの生存者で知られる)のような光景に息を呑むはず。

これ本当に、溶岩流がほこらの前で止まったんですよ。

ほこら全体がきれいに残っていて、高熱による破損もなし。

私も「沈みませんように」とお願いしてきました。災厄防除だけでなく、会社を潰したくない人、競争社会で生き残りたい人、上には行けずとも下には落ちたくない人、今の時代におすすめの神社です。

三原神社 伊豆大島

三原神社 伊豆大島

本来、鳥居の向こうには富士山が見えるのですが、『霧にだかれて~、静かに眠る~(布施明)』の摩周湖状態でしたよ。

三原神社 伊豆大島

私も裏砂漠に行ってみたかったですが、時間切れ+台風。残念・・!

伊豆大島火山博物館!

さて、最後に、火山情報がぎゅっと詰まった『伊豆大島火山博物館』に参りましょう。

午後五時過ぎには商店のシャッターがしまっちゃう、平日には飲食店が休業しちゃう、旅行者に優しいのか厳しいのか分からない、元町港周辺で、ここだけがドドーんとそびえ立ち、『伊豆大島のホワイトハウス』と呼びたくなるような、立派な景観です。

台風が間近に迫り、風雲急を告げるような空模様が、また迫力満点 (^_^)
ローランド・エメリッヒのディザスター・ムービーみたい。

伊豆大島火山博物館

私たちが訪れた時は、台風の影響でキャンセル相次ぐ状況だったせいか、お客さんはたったの4人。そう、うちの一家だけ。

完全貸し切り状態にもかかわらず、職員の方も非常に親切で、火山ムービーも、私たち4人の為に、わざわざ上映して下さって、こんなVIP待遇は生まれて初めてでしたよ。おまけに、シアターの座席も非常に快適だし。

ちなみに、ムービーは、最近、刷新されたそうで、NHKスペシャルみたいなクオリティ。ドローンで撮影したのか、上空からの映像も迫力満点で、音響も抜群。
惜しむらくは、英語字幕がないことで、これが入れば、外国人観光客も非常に感銘を受けると思います。
ムービーは本当におすすめですよ。

その他の展示物も気合いが入っていて、こちらは英語の解説もあり、外国人観光客にも十分にしています。

記念撮影もして下さったうえ、平日どこも休業で(台風の影響もある)、「夕食を食べる場所がないんですぅ~!」と涙目で訴える私に『元町 寿し光』を紹介して下さったご親切。「今なら電話が通じるから。大丈夫、大丈夫、あそこはお座敷も広いし、きっと営業してるわよ」と励ましの言葉まで頂戴して、ホントに電話が通じて、「お席、空いてますよ~」という言葉が聞けた時には「救・わ・れ・た」と三原神社に祈りを捧げたくなりましたよ。

しかも、電話番号の検索が、スマホではなく、電話帳というのも感動しましたわ。

そりゃそうですよね、なんだかんだで災害に強いのは紙の印刷物だもの。さすが伊豆大島・火山博物館。

ちなみに『寿し光』は、海に面したお座敷も広くて綺麗で、寿司、丼、サラダ、汁物、揚げ物、とバラエティに富んでいます。
スタッフの皆さんも親切で、家族で楽しめました(^^)

伊豆大島火山博物館

地層のドーナツ:地層切断面

おまけ。

島の南西部に位置する地層切断面(大島観光NAVI)
元町港から波浮港に向かう、大島バス『波浮港ライン』の車内からも綺麗に見渡すことができます。

小さな動画では「ふぅ~ん」ぐらいにしか感じないと思いますが、実際にその場に行ったら、圧倒されますよ。

↓ 興味が湧いたら、ぜひチェック

Tags: ,

Note of Lifeの関連記事

トウシキ海岸 伊豆大島 溶岩

シュノーケリング・スポットとして人気の高い伊豆大島南東部のトウシキ遊泳場で安全に遊ぶ為の覚え書き。溶岩で形成されたタイドプールで、海水の透明度も高く、色とりどりの魚に出会える楽園ですが、険しい岩場に耐える装備が必要です。

三原山 伊豆大島 登山道

伊豆大島の観光を100倍楽しむ、伊豆大島へ行こう! 車なしでも楽しめる短期滞在のコツ 夏期・海水浴編もご参照下さい。 三原山といえば、私ぐらいの世代には、1986年の噴火が今も生々しく記憶に残っています。 あのぅ……これって、ハワイじゃない […]

プラハ城 通用門

プラハ城の通用門にて。(裏庭から街路に通じる門) インテリアの魅力がぎゅっと凝縮されたような一枚と思う。 古びた石の壁に、さりげに寄り添うテラコッタの鉢植え。それも二つ、絶妙な間隔で置かれているのがポイント。 インテリアはお金をかけなくても […]