本 diary

シベールの日曜日

本 diary

シベールの日曜日」は現代に生きるためには、無垢な心がどのような報復をうけねばならないかということを物語る残酷な映画であった。ガラス玉を星のかけらと思い込める感受性は、その星のかけらの鋭い刃先でみずからの心を傷つける。
ポケットに名言を (角川文庫)

現代の生きづらさの正体。

それは『詩を作るより、田を作れ』の価値観である。

等価を生み出さないものは排除され、田を作るものが重宝される。

人間が現実社会で生活する為に『田』は無くてはならないものだが、心が死ねば、肉体も死ぬ。

肉体を養おうとして、田作りに絶望し、田んぼの真ん中で死んでいくのは皮肉な出来事。

詩は時として死の恐怖さえ打ち砕くけれど。

Tags: ,

寺山修司の関連記事

手頃な幸福論で飼い慣らされる現代人の不幸について

いつの時代も『幸福論』は重宝されるが、「自分が幸せに感じるなら、全て良し」とする幸福論ほど、お手軽で、麻薬要素の強いものもない。 治ったような気がするだけで、実は何も解決しておらず、幸福に感じようとすればするほど、逆に破滅に突っ走っていくか […]

ポケットに名言を

「言葉を友人に持ちたいと思うことがある。それは、旅路の途中でじぶんがたった一人だということに気がついたときにである」寺山修司のユニークな言葉のクリップ『ポケットに名言を』から踏み出した自身の人生を綴る。

ゆきだるま

皆、何かを勘違いしている。強くなれば、嫌なことも消えてなくなる。綺麗になれば、愛される。優秀であれば、あれもこれも上手く行く。人気者になれば、欲しいものが何でも手に入る。でも、あれもこれも完璧に揃っているなら、この世に人として生きる意味など無い。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG