カモ

ちょっとだけ待っててね

カモ
ユキちゃん。

いつもバタバタして、ごめんね。

掃除。洗濯。買い物。炊事。
やることがいっぱいあって、
いつもユキちゃんをひとりぼっちにさせてしまう。

「お台所をするから、ちょっとだけ待っててね」
そう言って、今日もユキちゃんをベッドに一人、置きました。

こんな時、ユキちゃんは、目をキョロキョロさせて、
オモチャの方を見ながら、しばらくママの好きにさせてくれます。

もしも口が聞けたなら、
「ママ、行かないで。もうちょっと遊んでよ」
と言いたいだろうに。

まだ三ヶ月だけど、
ユキちゃんは、何でも分かってる。
ママが忙しいのも、
「ちょっと」と言いつつ、
何十分でも待たせてしまう事も。

ゴメンネ、ゴメンネ、と、
心の中で手を合わせながら、
ママはいつも用事をしています。

明日は、五分でも、十分でも長く、
ユキちゃんと遊べるようにするね。

本当にごめんなさい。

Tags:

詩想と引用の関連記事

Too Sad 空しい祈り

悲しすぎる夜 私は力なく神の門をたたく それで明日が 変わるわけではないけれど 誰かの耳には  聞き届けられるような気がして 初稿:2000年

人間にとって本当の幸せは自分を肯定できること

人間にとって本当の幸せは、自分自身を肯定できることだ。生きること、存在すること、悩み苦しみも含めて、自分の人生を心から愛せることだよ。その想いは、いつか君にこう叫ばせる。『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』。

恋だけが、真の意味で、人間を完全にする

恋は、異質世界との融合だ。 「異性」という、異質の人間との遭遇―― 「情熱」という、未知の感情との遭遇―― 「自分」という、自身でさえ気付かぬものとの遭遇―― 『異』なればこそ、憧れ、欲する。 心と身体の≪何か≫を満たそうとして。 恋は変え […]