カモ

ちょっとだけ待っててね

カモ
ユキちゃん。

いつもバタバタして、ごめんね。

掃除。洗濯。買い物。炊事。
やることがいっぱいあって、
いつもユキちゃんをひとりぼっちにさせてしまう。

「お台所をするから、ちょっとだけ待っててね」
そう言って、今日もユキちゃんをベッドに一人、置きました。

こんな時、ユキちゃんは、目をキョロキョロさせて、
オモチャの方を見ながら、しばらくママの好きにさせてくれます。

もしも口が聞けたなら、
「ママ、行かないで。もうちょっと遊んでよ」
と言いたいだろうに。

まだ三ヶ月だけど、
ユキちゃんは、何でも分かってる。
ママが忙しいのも、
「ちょっと」と言いつつ、
何十分でも待たせてしまう事も。

ゴメンネ、ゴメンネ、と、
心の中で手を合わせながら、
ママはいつも用事をしています。

明日は、五分でも、十分でも長く、
ユキちゃんと遊べるようにするね。

本当にごめんなさい。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG