人生とは霧の中を走るが如く 映画『ミスト』 衝撃のラスト

ネタバレです。先にオチを知ると、「ブルース・ウィルスの正体を知っているシックス・センス」並に白けます。未見の方はご注意下さい。
目次

映画『ミスト』は何を伝えたいのか

モンスターと逃げ惑う人々

激しい嵐の後、湖のほとりに棲むデヴィッド・ドレイトンは、8歳の息子ビリーを連れて、地元のスーパーマーケットに出掛ける。

だが、買い物の途中、店の外では、パトカーや救急車のサイレンの音が鳴り響き、一人の男性客が『霧の中に何かがいる」と叫びながら、店内に逃げ込む。

買い物客は店内に閉じこもり、霧の中に潜むモンスターから身を隠していたが、一向に救助は訪れず、一人、また一人と、モンスターの犠牲になる。

このままでは飢えて死ぬか、モンスターの餌食になるか。いずれにせよ、助かる道はないと悟ったデヴィッドは、息子のビリーと、店内で親しくなったアマンダ、ダン、アイリーンを連れて店外に脱出し、車に乗り込む。

だが、行けども、行けども、霧は晴れず、眼前には巨大な怪物が迫っている。

やがて車のガソリンも無くなり、逃げる手立ても失ったデヴィッドは、ついに最後の手段に出る……。

*

2007年に公開された、フランク・ダラボン監督の映画『ミスト』(The Mist)は、「ラストが悲惨」という噂以外、何の予備知識も持たずに見始めました。

どうやら、「霧の中から何かがやって来る」モンスター系ホラーらしいので、私はてっきり、ジョン・カーペンター監督の『ザ・フォッグ』のリメイクと思っていたら、スーパーマーケットに閉じ込められた人々が互いに疑心暗鬼になるわ、「神の怒りだ、黙示録だ」と騒ぎ出す、映画『キャリー』のおかんみたいなオバハンは登場するわ……どうも、ジョン・カーペンターのおちゃらけホラーとは様相が違う。

このノリはもしかして……と、鑑賞中に制作者をネットで調べてみたら、原作=スティーブン・キング

また、お前か (-.-)y-~~

そう、B級パニック映画の様相を呈しながらも、実質的には人間心理の暗部を描いた陰鬱なドラマで、金髪の半ケツ姉ちゃんに襲いかかる人喰いザメより、聖書片手に狂いまくるオバハンの方が、よっぽど神経に障りますがな。

地獄というなら、店内で繰り広げられる鬱々とした人間同士のやりとり、そのもの。

デヴィッドが「脱出しよう」と決意するのは、霧の中の怪物のみならず、あの場に居合わせた人々の社会でもあると思います。

疑心と恐怖に煽られながらも、自ら動く勇気は持てず、その場に囚われて、自滅を待つだけの現実です。

そうして、デイヴィッドと息子、彼と親しくなった三名は、どうにかTOYOTAのランドクルーザーに乗り込み、行ける所まで走り続けますが、霧の中でついにガソリンが尽きて、希望は絶望に一変します。

そんな彼等に追い打ちをかけるように、巨大な怪物が彼等の頭上をのっそり横切り、もはや逃げ道はないことを思い知らされる一行。

彼等の手の中には、一丁の拳銃と四発の弾丸が残され、もはや何も言う必要はありません。

おじいさんとおばあさんが言います。

仕方ない。
できる限り努力した。
誰も否定できない。

そうね。誰も否定などできないわ。

この場面、英語では次のように語られています。

Well.. we gave it a good shot.
Nobody can say we didn't.

Nope.
Nobody can say that.

直訳すれば、「我々だて、奴らに一発、お見舞いしてやった。我々が何もしなかったなど、誰が言えるのか」「ええ、そうよ、誰にも言えないわ」。

a good shot には、反撃、忍耐、決断、勇気、いろんな意味が含まれます。

ただ状況に流されるのではなく、我々だって、必死に戦ったのだと。

だから、ここで自ら死を選んでも悔いはない。

その事について、誰も、弱虫とか、愚かとか、責めることはできません。

本当にその通りです。

だから、おじいさん達の死に顔も、決して苦痛に歪んではいません。

納得した気持ちで逝けたことを表しています。

もちろん、若い主人公や、巻き添えになった子供の身になって考えれば、デイヴィッドはもう少し頑張るべきだったし、どんな状況であっても、死を選ぶべきではないと思うかもしれません。

でも、そんな事は結末を知っている人間だから言えることで、実際に自分がその場に居合わせれば、何が正しくて、何が間違いかなど、判断を下すことはできないでしょう。

ただ一つ、確かなのは、どんな状況でも精一杯力を尽くせば、たとえ思わぬ結果になったとしても、良い意味で諦めがつく、ということ。

霧が晴れて、向こうから戦車が現れた時、まさに人生はかくの如し――と感じた人が圧倒多数ではないでしょうか。

私たちは皆、デイヴィッドやアマンダ達と同じ。

訳も分からず、霧の中を走り続けて、その結末は、誰にも分かりません。

いつかこの霧が晴れて幸せになるよう、一縷の望みに懸けるばかりです。

でも、おじいさんとおばあさんの視点に立てば、必ずしも霧の向こうに辿り着き、万歳三唱するだけが人生でもない、と思うのですよ。

要は、いかに戦うか。

そして、納得するかが重要で、たとえ惨めに負けたとしても、誰に責められることでもありません。

私たちは自ら選び取り、生きていくだけ。

それだけでも十分価値があるのではないかと、彼等の死に顔を見ながら思った次第です。

ちなみに、私はスーパーに取り残された人達も助かって欲しいと思っています。

多分、それが普通の人間の姿であり、彼等にもまた幸せになるチャンスはあるのですから。

※ 霧の中で、待ち受ける運命を悟る。
霧の中で待ち受ける運命を悟る

※ 我々は十分に戦った。
我々は十分に戦った

※ 誰にも彼等を責めることはできない。
誰も否定なんてできないわ

この作品には、良い意味で騙されました。

最後は、霧の中をひた走るスティーブン・キングの原作も、いつか機会があれば読んでみたいです。

ミスト [Blu-ray]
出演者  トーマス・ジェーン (出演), マーシャ・ゲイ・ハーデン (出演), ローリー・ホールデン (出演), アンドレ・ブラウアー (出演), ネイサン・ギャンブル (出演), フランク・ダラボン (監督), スティーヴン・キング (原著), フランク・ダラボン (プロデュース), フランク・ダラボン (脚本), トーマス・ジェーン (Unknown)
監督  
定価  ¥13,550
中古 1点 & 新品  ¥13,550 から

Amazonプライムビデオで視聴

スティーブン・キングの原作

 闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV) (文庫)
 著者  マッコーリー,カービー (編集), McCauley,Kirby (原著), 順弘, 広瀬 (翻訳), 明裕, 真野 (翻訳), 浩三郎, 矢野 (翻訳)
 定価  ¥946
 中古 30点 & 新品  ¥50 から

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる