The Moon

The Moon -Respiration Ⅱ-

The Moon

月が私を見ている
赤い歯を剥き出しにして
何をそんなに笑うことがあるの
私は今日を生きるのに精一杯・・

私もお日様になりたかった
明るく世界を照らす陽に

だけど私は凍てつく夜の影
自らは輝けぬ星
光を投げかけられねば
生きて行けない

カーテンの隙間から
月が見ている
ソファ横たわる私の姿を
涙に濡れた冷たい寝顔を

初稿:2000年秋

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

なぜ 人間だけが 自分は無意味などと思うのだろう 深い海の底を覗けば 何のために生きているのか分からないような 生物がごまんといる 誰に知られることなく 息づいているような生き物が その一つ一つが 何のために生きているのかと疑いだせば 生命 […]

アフシュライトダイク

『夢を叶えたい』という人はたくさんいる。 だが、その為に行動する人は少ない。 人生は夢を叶える過程そのもので、夢そのものが人生の目的ではない。 どんな夢を見ようと、どんな夢が叶えようと、 人生の最後に残るのは、自分が何を為したかという思い出 […]

くらげ

時が過ぎ、秋が深まる頃には、波に運ばれて、別のものに生まれ変わるのだろうか?それとも、海の見える所にずっと身を横たえたまま、少しずつ砂の上に崩れていくの──?

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG