PDFで試し読みサンプルを読む

意見を伝えるにもスキルが必要 ~冷静に、論理的に話す

目次

【社会コラム】 意見を伝えるにもスキルが必要

いつの時代も、大型商業施設の建設計画はエキサイティングなものです。

周囲の思惑がどうあれ、建設されたエリアには、雇用が生まれ、娯楽やサービスが生まれ、ますます人が集まって、町も活気づきます。

環境汚染や騒音など、幾多の問題が生じても、大型施設を建設して、人と消費を呼び込むことが、自治体のカンフル剤になるのは間違いありません。もっとも、狙い通りに当たれば……の話ですが。

本作では、大洪水で壊滅的な被害を受けたフェールダム(干拓地)の再建計画をめぐって、世界的な建築家フランシス・メイヤーと、洪水で土木技師の父を亡くしたヴァルターが、再建の方向性をめぐって真っ向から対決します。モダンな商業施設が干拓地の復興に繋がると主張するメイヤーと、昔ながらの緑の干拓地を再建し、豊かな土地こそが住民の暮らしの基盤になると信じて疑わないヴァルターの間に、接点はありません。

再建コンペではメイヤーが圧倒的に勝利し、ヴァルターと復興ボランティアの仲間が提案した『緑の堤防』のプランは葬り去られます。

ヴァルターは意匠盗用の疑いをかけられ、ボランティア仲間にも見放されて、故郷に居られなくなります。

その痛い出来事が、直情径行のヴァルターに知恵と忍耐力を授け、次第に「意見の述べ方」を学ぶのです。

怒りにまかせて相手に突っかかり、「ああだ、こうだ」と一方的に自分の意見を述べるだけでは、相手の恨みを買うだけだし、世論を味方につけることは出来ないんですね。

怒りや正義感で、頭が煮えている時こそ、冷静に、かつ共感的に、話さないと効果がないのです。

不正を許さない感性も大切ですが、それ以上に大事なのは、「いかに伝えるか」のスキルです。

Novella 文芸コラム
自己主張にも文学スキルが必要 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』 ー Novella 文芸コラム
自己主張にも文学スキルが必要 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』 ー Novella 文芸コラム自分の言いたいことを、好きなように叫んだところで、誰の心にも届かない。伝える為のスキルは必須で、そのベースとなるのは文学的感性や技巧である。イージー・E、アイス...

【小説】 海洋開発をめぐる因縁の対決 ~冷静に、論理的に話す

このパートは『第三章・海洋情報ネットワーク』の抜粋です。作品詳細はこちら

目次
閉じる