CATEGORY

海洋小説 MORGENROOD

  • 2019年8月3日

迷走する再建計画とアイデアコンペ 元住民の願いと自治体の思惑

大洪水で壊滅した故郷の干拓地について、再建の見通しが全く立たない中、臨海都市計画が持ち上がる。緑の干拓地が戻ることを切望する元住民と、経済復興を優先する自治体や財界の間で軋轢が生じるが、復興ボランティアに打ち込むヴァルターは幼馴染みのヤンと組んで人工地盤を用いた『緑の堤防』を提案する。

  • 2019年8月3日

建築家の詭弁と住民無視の再建計画 一人の意思もった人間として抗う

壊滅した故郷の干拓地の再建をめぐって元住民と、臨海都市計画を推し進める自治体の間で軋轢が生じる。アイデアコンペに参加して住民の声を届けようとするヴァルターは建築家フランシス・メイヤーの講演に出掛け、彼の描く商業施設が決して数百年先の干拓地の未来を慮るものではないことを見抜き、猛然と抗議する。

  • 2019年8月3日

文明を支えているのは科学技術ではなく、鉱害病でボロボロになった人の手だから ~レアメタルと海底鉱物資源の採掘

ニムロディウムは激しい噴火や大きな地殻変動によって惑星深部から地表にもたらされ、鉱床の大半は地中の奥深くに存在する。高品位のニムロディウム鉱石を採掘するのに、地下数百メートルに坑道を掘り、摂氏四十度近い高温多湿の環境で、重さ二〇キロのマシーンを抱えて何年も岩盤を掘り続ければ、人間の身体がどうなるか、君にも想像がつくだろう。海底鉱物資源の採掘が実現すれば、世界の構図も変わるだろう。

  • 2019年8月3日

鉱業の歴史を変える海底鉱物資源の採鉱プラットフォーム Nautilus社の採鉱システム・モデルより

初めて洋上の採鉱プラットフォームを訪れたヴァルターはその威容と機能に圧倒される。水深3000メートルの海底下から海底鉱物資源を採掘するにあたってポイントになったのはコンピュターシミュレーションの技術だった。会社ごと買収したアル・マクダエルは先行者利益について語る。

  • 2019年8月3日

いやいやでも海の仕事をするうちに、自分が何ものか思い出す ~産業発展と共存共栄の精神

世界初となる海底鉱物資源の採鉱プラットフォームを訪れたヴァルターは、アル・マクダエルの熱意と気魄に圧倒され、逆に意気消沈する。そんな彼に、アルは産業発展の要は共存共栄の精神であることを説き、「いやいやでも海の仕事をするうちに自分が何ものかを思い出す」と励ます。

  • 2019年8月3日

鉱業の完全自動化を目指せ 深海の破砕機と集鉱機のオペレーション

鉱山での労働問題や人権侵害を改善し、大企業による一党支配に風穴をあける為、水深3000メートルの海底から海底鉱物資源の採掘を試みるアル。洋上に建設されたプラットフォームは完全自動化された採鉱システムを備え、鉱業の在り方や社会構造を根底から覆すものだった。ヴァルターは潜水艇のパイロットとして接続ミッションに参加する意思を明らかにするが……。

  • 2019年8月3日

有人潜水艇と深海調査 パイロットの矜持 ~新しい仕事は慌てず、騒がず

有人潜水艇のパイロットとして、海底鉱物資源の採鉱システムの接続ミッションに参加する意思を固めたヴァルターだが、作業の内容を知って激昂。深海調査と思っていたら、高電圧リアクターや揚鉱管を繋ぐ水中作業がメインだった。動揺するヴァルターにプロジェクトチームのサブリーダーが仕事の心得を説く。

  • 2019年8月3日

深海の接続作業と採鉱予定区のマッピング ~海底鉱物資源採掘の成否を決定するもの

潜水艇のパイロットであるヴァルターは海底鉱物資源の採鉱プラットフォームのミッションが高電圧リアクターと揚鉱管の接続と知り、動揺するが、運航チームのフーリエから大きな機材を見せられ、「オレでも海底でマドレーヌが焼ける」と励まされる。採鉱事業の成否を決めるのは海底地形と鉱物の賦存状態を正確に把握することだ。そのマッピング技術について説明を受ける。