駅

涙 ~いつの頃からか 僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった

駅

僕はうかつにも涙を流してしまった。
靴の先が丸くにじんだ。

西日の当たる通勤電車。
人の顔はみなどこか優しい。
自動扉にもたれながら、
僕は流れるプラットフォームを見つめる。

涙でぶざまに濡れても、誰も気にも留めない。
話しかける人さえ、ない。
気楽といえば気楽だが、
自分がまるで実体のないもののように感じる。

いつの頃からだろう。
僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった。
知って欲しいと願う一方で、
誰にも触れられたくないという思いに閉じこもる。
つらいとか淋しいを通り越して、
心が粉を吹いたように渇いてゆくのを感じる。

世界にたった一人でいい。
こんな僕を愛してくれたなら、
僕は今すぐにも駆け出して、
君に本当のことを話すだろう。

僕が一番叫びたいこと。
誰かに受け止めて欲しいこと。
何もかも正直に。
そして、恐れずに。

眼下に新しい町並みが広がる。
だけど、そこに僕を待つ人はない。

涙の向こうに、いつもの駅が見える。
いつもの一人の夜がやって来る。

[su_spacer size=”30″]

初稿:2005年2月10日

Tags: ,

文学・哲学・寓話の関連記事

江戸川乱歩 芋虫

眼の他には、何の意志を発表する器官をも持たない一人の人間が、じっと一つ所を見据えている様子は、こんな真夜中などには、ふと彼女に不気味な感じを与えた。どうせ鈍くなった頭だとは思いながらも、このような極端な不具者の頭の中には、彼女たちとは違った、もっと別の世界が開けているのかもしれない。彼は今その別世界を、ああしてさまよっているのかも知れない。などと考えると、ぞっとした。

都市 建築

何でも「作ればいい」というものではないと思う。 創造というのは、その名の通り、自分も生かし、周りも生かすことだから、その創作物の為に周りが不幸になったり、百年先まで祟られるなら、それは創造ではなく、破壊だろう。 日本では一口に『つくる』とい […]

ばら

「とにかく一生懸命生きていれば、必ず見てくれている人がいて、何かしら道が開けていくんだ、というのが実感です。やはり、一生懸命生きないとダメです」

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG