涙 ~いつの頃からか 僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった

涙 ~いつの頃からか 僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった

涙 ~いつの頃からか 僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった

僕はうかつにも涙を流してしまった。
靴の先が丸くにじんだ。

西日の当たる通勤電車。
人の顔はみなどこか優しい。
自動扉にもたれながら、
僕は流れるプラットフォームを見つめる。

涙でぶざまに濡れても、誰も気にも留めない。
話しかける人さえ、ない。
気楽といえば気楽だが、
自分がまるで実体のないもののように感じる。

いつの頃からだろう。
僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった。
知って欲しいと願う一方で、
誰にも触れられたくないという思いに閉じこもる。
つらいとか淋しいを通り越して、
心が粉を吹いたように渇いてゆくのを感じる。

世界にたった一人でいい。
こんな僕を愛してくれたなら、
僕は今すぐにも駆け出して、
君に本当のことを話すだろう。

僕が一番叫びたいこと。
誰かに受け止めて欲しいこと。
何もかも正直に。
そして、恐れずに。

眼下に新しい町並みが広がる。
だけど、そこに僕を待つ人はない。

涙の向こうに、駅が見える。
いつもの一人の夜がやって来る。

初稿:2005年2月10日

詩想と引用の関連記事

なぜ、うちの子だけ

「本当のことを言って下さい」という人がいる。 でも、多くの人は、本当のことを言うと急に怒り出す。 ゆえに、世間はだんだん本当のことを言わなくなる。 誰も本当のことを言わないから、大切なことも伝わらない。 過ちは過ったまま、正されることもない […]

孤独 Notes

幸せを求める気持ちは皆同じ──特別な人など何処にもいやしない。 心にいろんな誤魔化しを強いながら、私たちは事実から目を背け、代替品ばかりを求め歩く。 「気付き」こそ真実に至る第一歩であるにもかかわらず、言い訳の中に人生を埋もれさせてゆく。 […]

創造的であることが あらゆる苦悩から 我々を救ってくれる

「創造的に生きる」とは、絵を描いたり、詩を書いたりすることではありません。無の平原から、意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを創造的な生き方と言います。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG