悩まない育児 ~その『悩み』に愛はありますか?

悩まない育児 ~その『悩み』に愛はありますか?
あなたに知って欲しいこと

自分が「こうあるべき」「こうなって欲しい」と思い描くことは、本当に子供にとってありがたい愛情なのか。むしろ、そう願うことが、逆に子供を苦しめているのではないか。本来、愛に悩みはない。欲が消える。愛することは、待つこと。育児の悩みを突き詰めれば、実は親のエゴだったりします。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

心理学者の加藤締三先生の本に、『愛される法則』というものがあります。

参照 → 『加藤諦三の『愛される法則 ~愛はこんな小さなことで確かめられる~』

本の最後の方に、次のような一節があります。

本来、愛に悩みはない。

欲が消える。

愛することは、待つこと。

花が咲くのを待つ、

夕陽を待つ、

朝陽を待つ、

氷が溶けるのを待つ、

それぞれのことをしながら、

待つ。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

悩まない育児 ~その『悩み』に愛はありますか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる