MENU
カテゴリー

悩まない育児 ~その『悩み』に愛はありますか?

あなたに知って欲しいこと

自分が「こうあるべき」「こうなって欲しい」と思い描くことは、本当に子供にとってありがたい愛情なのか。むしろ、そう願うことが、逆に子供を苦しめているのではないか。本来、愛に悩みはない。欲が消える。愛することは、待つこと。育児の悩みを突き詰めれば、実は親のエゴだったりします。

心理学者の加藤締三先生の本に、『愛される法則』というものがあります。

参照 → 『加藤諦三の『愛される法則 ~愛はこんな小さなことで確かめられる~』

本の最後の方に、次のような一節があります。

本来、愛に悩みはない。

欲が消える。

愛することは、待つこと。

花が咲くのを待つ、

夕陽を待つ、

朝陽を待つ、

氷が溶けるのを待つ、

それぞれのことをしながら、

待つ。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る → https://note.mu/notes/n51a6de868544

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる