ニャーコ

我が輩も猫である 名前は付けない【猫日記 1】

ニャーコ

『我が輩は猫である。名前はまだない』の精神に則り、私も飼い猫に名前は付けてない。

日本文学を愛する者は、蜘蛛を殺したり、トンネルを抜けて鹿児島に行ったり、「あたくし? デュボワ」なんて真似してはいけないのだ(出典:三島由紀夫『女神 (新潮文庫)』)。

ゆえに、私だけは「ニャーコ」と呼んでいる。男の子だけど、ニャーコ。

うちの子たちは『パズー(ポーランド語で『爪』のもじり)』などという洒落た愛称で呼んでいるが、うっかり『バルス!』の一言で家が崩壊したらどうするんだ。

そもそも私は犬猫にはまったく興味がないし、生き物を飼いたいとも思わない。

ペットは確実に自分より早く死ぬし、死ぬと別れが辛いからだ。子供の頃、金魚だの、文鳥だの、次々に死なせた痛い思い出もある。

私に生き物を飼う資格など無いし、大事に育てる自信もない――というのが、私の長年の考えだったが、子供らに「猫飼う、猫飼う」としつこくせがまれて、、とうとう折れた。最後まで強硬に反対したが、「自分たちで糞の始末や餌の世話をする」という条件付きで受け入れた。

もっとも、こんな口約束は三日で反古にされると知っている。

実際、ハムスターを飼う時も、歴代政権並だった。

やつらの「絶対に世話するから」という言葉は、絶対に信じてはいけないのだ。

今も飼い猫に名前を付けないのは、そういう理由もある。

これは私の猫じゃない。

君たちの猫なんだから、君たちで責任もって世話するように、という意思表示の一環だ。

私までもが愛称で呼び出したら、いつしか「ママの猫」になり、「世話ヨロシク!」になるのが目に見えている。

だから、絶対に付けない。

意地でも、「ママの猫」にはしない。

一方、ペットに名前を付けないのは、生き物に愛着をもちたくない理由もある。

ティファニーで朝食を』にもあるように、名前を付ければ、誰かの所有物になる。自分の所有物になれば、愛着も湧く。愛情が深まれば、死に別れた時に悲しい。だから深入りしたくない。名前を付けて、一対一の関係性を持ちたくない。

そんな訳で、ニャーコは、今日もニャーコという名無しのまま、自由気ままに生きていく。

誰の所有物でもなければ、誰かに飼われているわけでもない。

猫という、一つの生き物。

誇り高い、ネコ族の末裔。

今日のニャーコ。よく寝てます。
ニャーコ

Tags:

Note of Lifeの関連記事

伊豆大島 日の出浜

伊豆大島の観光を100倍楽しむ、伊豆大島へ行こう! 車なしでも楽しめる短期滞在のコツ 夏期・海水浴編もご参照下さい。 伊豆大島といえば、シュノーケル&ダイビングの名所ですが、子ども連れでも楽しめる海水浴場も随所にあります。 ファミリー向けの […]

ニャーコ

猫には、外に憧れる気持ちはあるけれど、自分でドアを開ける力はない。 誰かが開けてやらないと、いつまでも家の中に閉じ込められたまま。 どれほど外に出たくても、ドアの前でにゃーにゃー鳴くだけ、夢を叶えるには、大人の手が必要なのだ。 近頃はドアや […]

秋の浜 伊豆大島

伊豆大島の観光を100倍楽しむ、伊豆大島へ行こう! 車なしでも楽しめる短期滞在のコツ 夏期・海水浴編もご参照下さい。 目次 1 秋の浜遊泳場とアクセス1.1 秋の浜の特徴1.2 ロケーションと行き方2 秋の浜で安全に遊ぶために2.1 とにか […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG