大洪水と父の死 繰り返される悪夢と心的外傷

大洪水と父の死 繰り返される悪夢と心的外傷

大洪水と父の死 繰り返される悪夢と心的外傷

災害と心的外傷について

【リファレンス】にも書いていますが、突然の不幸によって受けた心の傷は人によって様々です。
周囲に支えられ、たくましく立ち直る人がある一方、どうやってもどん底から抜け出せない人もあります。
目に見える被害が大きいから大変、小さいから大したことない、というのは間違いで、感じ方も、回復のプロセスも、人によって全く異なります。
大切なのは、励ましや慰めではなく、『理解すること』。
理解を欠いて、『頑張れ』と力付けたり、一方的に慰めても、本人には重荷に感じられるだけ。
「自分だけが辛いんじゃない」「一日も早く立ち直らねば」というプレッシャーがますます気持ちをこじらせ、いつか心を折ってしまいます。

怒りも悲しみも悪いものと捉えられがちですが、それもまた生きる為に必要な心の働きです。
怒りも良い方に向かえば行動の原動力になるし、悲しみを知るからこそ新たな知恵や優しさにも恵まれます。
大切なのは、ネガティブな感情も自分の心の一部と捉え、共に生きていく気持ちです。
否定しても、無視しても、真の心の力にはなりません。

ここでは水害の悪夢に悩まされ、夢の中で何度も死んだ父親と再会するエピソードが描かれています。
お母さんに心配をかけさせまいとする無理な頑張りから気持ちをこじらせ、かえって立ち直る機会をなくしてしまうのです。
この心の傷は、大人になってからも彼を悩ませ、どうしても熟睡することができません。
朝になったら大好きなお父さんと再会できるはずだったのに、その願いも破られ、約束の朝は永久に訪れることはありません。

本作のタイトル『曙光』は、心の光の意味ですが、お父さんが帰ってくる約束の朝でもあります。

闇の底からどうやって光を見出し、立ち直ればいいのか。

それが後半のストーリーに繋がっています。

以下のパートは海洋小説『曙光』(第一章・運命と意思)の抜粋です。
詳しくは作品概要、もしくはタイトル一覧をご参照下さい。
※ WEBに掲載している抜粋は改訂前のものです。内容に大きな変更はなく、細部の表現のみ訂正しています。

【あらすじ】 父の死と繰り返される悪夢

土木技師である父の必死の働きにもかかわらず、故郷の干拓地を守っていた締切堤防は決壊し、父も高波に呑まれて命を落とす。
残されたヴァルターと母のアンヌ=マリーは、アンヌの故郷に近いフォンヴィエイユという港町に移り住むが、ヴァルターは心的外傷で、アンヌ=マリーは心労で、暮らしも立ち行かなくなり、とうとう倒れてしまう。
そんな母子の前に現れたのが、母の元婚約者で、裕福な事業家でもあるジャン・ラクロワだ。
援助は要らないと突っぱねるアンヌ=マリーに対し、ラクロワ氏は貧困層の現実を説き、ストレスで顔半分が歪んでしまった息子の治療を促す。
母子は不安な気持ちでメンタル・クリニックを訪れる

【小説の抜粋】 父の死と心的外傷

メンタル・クリニックにて

一週間後、 アンヌ=マリーはジャン・ラクロワの言葉が上辺だけでないことを知った。

マルセイユでも一、二を争う名門私立学校から案内状が届いたのだ。それに併せて、高台にあるメンタル・クリニックの予約券も添えられている。

学校はともかく、一度、受診が必要なのは確かだ。

ヴァルターは嫌がったが、「夜、少しでもぐっすり眠れるように」と説得し、一度限りの約束で受診した。

クリニックは真新しい住宅街のど真ん中にあった。外観も内装も高級オフィスのように洗練され、心を病んだ人が通う医療施設にはとても見えない。ドクターも上品な中年の女医で、半時間ほどカウンセリングすると、数種類の錠剤を処方してくれた。

「よくなるのでしょうか?」

アンヌ=マリーが不安を浮かべると、女医は声を潜めて「時間がかかります」と答えた。

「あの子の場合、未だにTVの映像が生々しく瞼に浮かぶそうです。

決壊した堤防や水没した干拓地の光景です。

父親が高波に呑まれる夢も繰り返し見ると言ってました。父親の後ろ姿を必死に引き留めようとするけれど、その声は届かず、あっという間に波に呑まれて、藻掻き苦しむのです。

そうかと思えば、父親がライン川の向こうから手を振りながら戻ってきて、『心配かけたね、ヴァルター。もう大丈夫だよ』と抱きしめてくれる。『やっぱり父さんが死んだなんて嘘だ、俺のところに戻ってきてくれた』と幸せいっぱいに父親の胸に顔をうずめるけれど、朝が来たら何もかも幻のように掻き消え、その度に自分も死にたくなるそうです。

それ以外にも、サッカー、自転車、音楽など、父親を連想するものを目にしただけで、所構わず涙があふれ、級友にからかわれたことも一度や二度ではないと。

でも、お母さんに心配かけまいと、家でも学校でも張り詰めたように暮らしているのでしょう。顔半分が歪んだように見えるのも、そうした緊張の表れです。

天災や交通事故、目の前で人が殺されるなど、ショッキングな体験が引き金となり、鬱、自責、悪夢など、何年、何十年と苦しむ人も少なくありません。

これといった治療法はなく、記憶を消し去る事も出来ませんが、根気よくケアすれば苦痛を和らげることはできます。ただ、一朝一夕に改善することは期待なさらないでください」

【リファレンス】 苦しくて当たり前

災害といえば、すぐに「復興」「再建」という話になりますが、陥没した道路は重機ですぐに直せても、人間の心はそう簡単には癒やせません。
愛する人をなくした悲しみは十年でも二十年でも続くし、ましてその死が自然でなければ、いつまでも納得いかないのが当たり前です。
家や道路の修理ではないのですから、自分に鞭打つような心の再建は必要ありません。
悲しいければ悲しいまま、悔しければ悔しいまま、それが自然と受け止めて、無理なく生きていくのが最善と感じます。

何の経験もない人は、「もう五年経ったのに」とか「いつまで引きずるのか」みたいな事を平気で言いますが、家を建て直したぐらいで心が元に戻るなら、この世に医者も神父も必要ないでしょう。

悲しむ自分を否定しないで下さい。

いつまでも悲しく、苦しくて、当たり前なのです。

第一章・運命と意思 Kindle Unlimited 版

稀少金属『ニムロディウム』の発見により、宇宙開発技術は劇的に向上するが、世界最大のニムロデ鉱山がファルコン・マイニング社の手に落ちたことから一党支配が始まる。 海底鉱物資源の採掘を目指すアル・マクダエルと潜水艇パイロットのヴァルター・フォーゲルとの出会い、生の哲学と復興ボランティアのエピソードを収録。
Kindle Unlimitedなら読み放題。

Tags: ,

記事がありません。