女性

セックスレス→精神的に裸になれない

女性

AVの原因もあるかもしれないが、最大の問題は『精神的に”裸”になれない人が急増』しているのではないか。
こういう事は「動物みたいでカッコ悪い」「ペチャパイと思われるのが恥ずかしい」「弱いと思われるのではないか」という恐れや照れがあれば絶対にできないし、たとえできたとしても快楽からは程遠い。とりわけ今は相手にどう思われるかを気にする若い人が増えているし、「立派なこと」「いい人であること」「素敵なこと」が以前に増して要求されるから、ワンコみたいに裸でじゃれ合う気分にはなれないだろうよ。
それより不倫、浮気の方が楽しいだろう。相手になんら負うものがなく、一晩、恥を晒しても、金や距離で割りきれるから。

セックスレスの問題は、女性側からは不満として語られ、男性側からはプライドやモチベーションの問題として語られるのが興味深い。
女性の場合、男性がその気になってくれないと成立しないし、男性は女性に拒まれると精神的に傷つくし。
お互い不満を内に溜めたまま、他に原因探しをしても、何の解決にもならないし、たとえこの世からAVが無くなっても、今のご時世、精神的に裸になれる人の方が小数のはず。

それにしても、肉欲が満たされれば、性欲も失せるものだろうか。本来、性は、肉体と精神の両面から成り立つものであり、肉欲が満たされても、『性的には満たされない』というのは十分にあり得る。たとえるなら、ジャンクフードでお腹がいっぱいになっても、本来、食のもつ幸福感までは満たされないようなものだ。

豊かな性生活に、精神的解放は欠かせない。原因探しをするより、いかに精神的に裸になるか=見栄や羞恥心から解放されるか、についてレクチャーした方がよい。

日本のセックスレス、原因はAVか ネットの普及で「価値がなくなった」専門家が指摘
https://abematimes.com/posts/3460440

Tags: ,

言葉の倉庫の関連記事

鳴かぬなら それもまたよし 我が子なり

戦国三大武将の性格を表す句といえば、 織田信長 『鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス』 豊臣秀吉 『鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス』 徳川家康 『鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス』 この三句が非常に有名ですが、あの天下の松下 […]

宇宙

最初は「宇宙」を見ているが、いつしか、自分と向き合っているような気持ちになる。宇宙を知ることは、自分を知ることであり、未来を創ることなのだ、きっと。

相手を束縛しない set them free

イギリスの世界的ミュージシャン、スティングが歌っていました。 If you love somebody, set them free もし君が誰かを愛しているなら、その人を自由にしておくことだ 愛を深める秘訣も、愛を持続する秘訣も、すべては […]