note 人

情けは人の為ならず

note 人

自己責任論の矛先は、いずれ自分自身に向かう。

自分も同じ境遇に陥った時、周りに「助けて」と言えないからだ。

言えば、自分も同じように「自己責任」とあしらわれているのが目に見えている。

誰にも言えず、他人を信じることすらできず、自己責任の罠にはまって落ちていく。

昔から『情けは人の為ならず』というが、自身の暗黒もいつ訪れるかしれない。

人を信じられるか否かは、突き詰めれば、自身の内側にどれほどの善性を備えているかのバロメーターでもある。

底辺にしか分からぬ感情がある シャーリーズ・セロンの映画『モンスター』

言葉の倉庫の関連記事

猫 Notes

世の中にはいろんな育児書があり、生き方指南の本があり、女性の為のハッピーアドバイスがあふれていますが、その中で「怒ること」を推奨している言葉ってまずないと思います。 怒るな。 イヤな気持ちを顔に出すな。 感情をコントロールせよ。 確かに、そ […]

希望のありか

現代は希望を持つのが難しい時代だと思う。 高齢化が進み、町から若い人が消え、経済も、少なくとも、80年代のような活気が戻ってくることはない。 私の世代は、スマホもない、ネットもない、エアコン付き子供部屋もない、ポータブルプレイヤーもなければ […]

政治 Notes

歴史の勉強といえば、鎌倉幕府とか、足利尊氏とか、年代や人名を暗記するのに多くの時間を割くと思うが、若い人は近代史と現代史、とりわけ戦後から21世紀にかけての流れをじっくり勉強することをおすすめする。なぜ、こんな世の中になったのか、よく分かる […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG