notes 猫

ふしあわせという名の猫がいる

notes 猫

ふしあわせという名の猫がいる

いつもわたしにぴったりよりそっている

ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選 (講談社文芸文庫)

でも その猫は気まぐれなので

突然 どこかに行ったりします

そして ふらりと帰って来た時には

しあわせ という名の 大きな魚を

口にくわえていたりします

しあわせ ふしあわせ

どちらも わたしの かけがえのない友達

同じ顔をした

気まぐれな影

Tags: , ,

寺山修司の関連記事

note painting

美というものは、本来、何かを欠いたものです。完全な合理主義からは、美はおろかドラマも生まれてきません。

ポケットに名言を

「言葉を友人に持ちたいと思うことがある。それは、旅路の途中でじぶんがたった一人だということに気がついたときにである」寺山修司のユニークな言葉のクリップ『ポケットに名言を』から踏み出した自身の人生を綴る。

寺山修司 時速100キロの人生相談

寺山修司が高校三年生の悩みや意見に芸術的に回答する珠玉の人生相談。当たり前のことを当たり前のように書かず、斜め横から真実を突き刺すような喩えが素晴らしい。