note baby

なみだは にんげんの作る 一ばん小さな海です

note baby

なみだは にんげんの作る 一ばん小さな海です

ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選 (講談社文芸文庫)

なみだが人間の作る一番小さな海だとしたら

この世界は誰の涙だろう

そして、その人はなぜ泣いているのか

嬉し涙か

人の世を嘆き悲しんでいるのか

涙が渇く時

わたしたちの世界も消える

ほんの一瞬 頬を伝う間の

つかのまの夢

言葉の倉庫の関連記事

ご飯 Notes

10代から20代にかけて、いつもお腹が空いていたのを今も思い出します。 食べても、食べても、すぐにお腹が減って、「お腹空いた……」って、食べ物のことばかり考えてた時もありました。 年寄りになると基礎代謝も激減して、空腹もめったに感じなくなる […]

学校

私が小学校四年生の時、「いじめ」をテーマにした学級会で担任教諭が言ってました。 どれほどお友達に腹が立っても、「死ね」「殺す」という言葉は絶対に使ってはいけない。 あなたにどんな嫌なことをした人間でも、「死んでいい」ということは絶対にない。 […]

『病院は社会の縮図、そして人生の縮図』

分娩に立ち会った次の日の朝、 いつものよ うに白い洗面器にぬるま湯をはり、一番最初に洗面介助をした重症のおばあちゃんの個室に運んで行くと、すでに名札が外され、部屋は空になっていた。 「あの……あの方、部屋を替わられたんですか?」 と看護婦さ […]