今成すか、永遠に行わないか ~決断と意思の強さが成功に導く

目次

【心のコラム】 今成すか、永遠に行わないか。答は一つ

他人の成功を羨む人がいます。

あれくらい、誰でもできる。

自分はまだ本気を出してないだけ。

が、本当にそうでしょうか。

やろうとしない言い訳を、自分にも、周りにも、言い聞かせていませんか。

失敗するのが怖い。

馬鹿にされるのが怖い。

傷つきたくないが為に、後回しにしている人は少なくないと思います。

そんな人たちにとって、自分の好きなことで成功した人、一所懸命に頑張っている人は、目障りでしかありません。

本当は自分がその場所に立ちたいのに、出て行く勇気もなければ、努力する気もないので、永遠に自分の順番は回ってこない。

自分でもそれが分かるから、憧れの場所に居る人に石を投げつけて、なけなしのプライドを守るほかないのでしょう。

そんなことをしたって、自分がますます惨めになるだけなのに。

人の生き方は、二通りしかありません。

今成すか、永遠に行わないか。

ラテン語で、Nunc aut numquam ヌンク・アウト・ヌンクァム といいます。

確かに、今成したからといって、必ず思う通りに成功するとは限りません。

それでも、何もしないより、何かした方が、手応えは上です。

笑われても平気なのは、プライドよりも、何よりも、好きな気持ちがまさるからでしょう。

本作でも、海洋技術の困難を知り、MIGの社長であるアル・マクダエルは、宿願である海底鉱物資源の採掘を一度は諦めようとします。

失敗すれば、自分が傷つくだけでなく、先人が人生を懸けて築き上げたMIGの業績も一夜で崩れ去ります。

自分一人の野心で、何千、何万の従業員をも路頭に迷わせていいのか。

最悪の結末を思うと総身が震えますが、この日の為に練りに練った事業計画を思い浮かべ、それが決して無謀なチャレンジでないことを今一度自身に確かめます。

今行うか、永遠に成さないか。

不安に震える時、決め手になるのは、これまで培った技術であり、知識であり、経験でしょう。

万全のデータを揃えても、最終的には自分を信じるか、信じないかが大きな決め手になると思います。

言い換えれば、必勝のプランがあっても、自分の精神力や技術を信じられない人は、何をやっても成し遂げることはできません。

今行うか、永遠に成さないか、は、自分に対する人生最大の問いかけだと思います。

【小説の抜粋】 決意の杭 Nunc aut numquam

初めてアステリアを訪れたアルは、茫漠たる大海を目にして、水深3000メートルの深海から海底鉱物資源を採掘する計画がいかに無謀か思い知る。

だが、どうしても諦めきれないアルは、海の向こうに未来のビジョンを描き、砂浜に決意の杭を打つ。

Nunc aut numquam (今行うか、永遠に成さないか)と自らに言い聞かせながら。

このパートは『海洋小説『曙光』(第一章・運命と意思)』の抜粋です。 作品詳細はこちら

縦書きPDFで読む(Google Drive)

アルが初めてアステリアの海に降り立ったのは、一六八年一月、トリヴィアの産業省が主催する海洋産業研修ツアーがきっかけだ。

アルの幼少時は、安全性の見地から一般の渡航が厳しく制限され、入領できるのは学術団体や政府関係者など、省庁の認可を得た者に限られていた。だが、政府の鳴り物入りで設立された海洋化学工場『JP(ジェイピー) SODA(ソーダ)』が工業用ナトリウムやマグネシウムの製造に成功すると、様々な事業者が参入するようになった。

アルが二十歳になる頃には厳しい入領制限も解かれ、JP SODAのあるメアリポートを中心にオフィスや工場、集合住宅や公共施設が建ち並ぶようになった。

だが、アステリア独自の産業は、JP SODAのような海洋化学工業とそれに付随する製造業に限られ、海の恵みをフルに活用しているとは言えない。

アルは鉱物学者の父子からアステリアの海に眠る膨大な鉱物資源について聞かされ、自分でもいろいろ調べてみたが、それを採取しようという話はどこからも出たことがなく、研究すら行われていない。

だが、どうしても諦めきれないアルは、一度この目で見てやろうと知古の口添えを得て、産業省の企画する海洋産業研修ツアーに参加した。

アステリアの上空で待機する母船から『ネレイス』と呼ばれる空海両用機が降下され、ローレンシア島から一〇〇キロ離れた遠洋に着水すると、アルはカメラ片手に船室を飛び出し、最上階の展望室に急いだ。

ところが、展望窓の向こうに見えるのは茫洋たる大海だけ、手を掛ける場所もなければ、足を踏みしめる大地もない。吹きすさぶ風の下、果てしない水の平原が広がるばかりである。しかもネレイスの浮かぶ一帯の水深はなんと六〇〇〇メートル。地上五〇階の高層ビルを二〇個並べたより、まだ深い。

そんな海の深みからどうやって海底堆積物を回収するのか。全長六〇〇〇メートルのホース付き掃除機を下ろして吸い上げる? それともSF映画に出てくるような巨大ロボを海底に派遣して石拾いさせるか。まともな深海調査船さえアステリアには無いというのに?
目の前の大海を茫然と見つめていると、同乗していたステラマリスの海洋科学者が言った。

「あなた、本当にこの超水圧を掻き分けて、水深数千メートルの海底から鉱物資源を回収するつもりですか? 真空や無重力は今の技術でどうにか克服できますが、水は簡単には制御できません。変幻自在に形を変える上、止めることも、掴むこともできず、僅かな鉄板の隙間から鉄砲水のように入り込み、金属をも破壊するんですからね。仮に水深三〇〇〇メートルの海底から鉱物を回収するとしましょう。それは標高三〇〇〇メートルの山頂から麓の果樹園のリンゴを拾い集めるようなものです。的確にリンゴを採るのも難儀なら、集めたリンゴを頂上まで回収するのも至難の業だ。ましてそれを商売にしようと思ったら、一キロ、二キロを採ったぐらいでは話になりません。そんな無謀なリンゴ狩りをするぐらいなら、隣の果樹園からリンゴを仕入れた方がはるかに安上がりです。あなたがやろうとしている事は、それぐらい無謀でリスキーだ。ステラマリスでも本気でやろうとしたベンチャー企業があったが、多額の負債を抱えて倒産しましたよ」
それでもファルコン・マイニング社の一党支配を崩すなら、アステリアの海底からニムロディウムを採ってみせるしかない。幾千の労働者を酷使して鉱山の深部から採掘するのではなく、完全自動化された新時代の採鉱システムを用いてだ。

アステリアの海に魅せられたアルはすぐさまステラマリスに向かい、名だたる海洋研究所や企業の門を叩いて教えを請うた。セスに出会ったのもこの頃だ。大学の図書館で同じ本を探し求めていたのがきっかけである。

それから二年後、アルは再びアステリアを訪れ、工業港の建設計画が進む砂利浜に佇み、今一度、自身に問いかけた。

既に頭の中には海を拓くのに必要な知識、技術、ノウハウが詰まっている。至難ではあるが、絶対不可能ではないことも心が識っている。

だが、ローレンシア島の沖合に採鉱プラットフォームを建設することは社運を懸けた一大事業だ。下手すればMIGや自己資産のみならず、祖父が築いた技術革新の金字塔さえ水泡に帰するかもしれない。最悪の結末を思えば総身が震え、引き返すなら今のうちと諌める声がする。

だが、良質なニムロディウムを得る為に、生涯犬のようにファルコン・マイニング社の足元に這いつくばって、真の経営者と胸を張って生きていけるのか。死力を尽くせば達成できたかもしれないことを一生胸に抱えたまま、自分に言い訳しながら人生を終えたいか。
否、否。

この日の為に姉のダナと幾度となく話し合い、幾通りものビジネスプランを練り上げてきた。いくらか背伸びする部分もあるが、決して無謀な賭けでないことは心が識っている。

Nunc(ヌンク) aut(アウト) numquam(ヌンクァム)(今成すか、永遠に行わないか)

アルの脳裏に祖父の声がこだまし、目の前に採鉱プラットフォームが浮かんだ。

それは決して夢や幻ではない。

海中深く突き立てられた揚鉱管が力強い機械音を響かせながら、水深数千メートルの海底から鉱物資源を揚収する。水中無人機を遠隔操作するオペレーター、管制室のモニターウォールに映し出される深海底、港とプラットフォームを忙しなく行き交う輸送船。
今、この砂利浜には静かに波が打ち付けるだけだが、ここに第一埠頭、あそこに第二埠頭、その裏手には工場や倉庫が建ち並び、造船所では最新の海洋調査機器を備えた支援船が建造される。それに併せて、道路、通信、オフィス、集合住宅、学校なども続々と開かれ、真の自由と公正を求める志高い人材が続々と集まってくる。今後アステリアが海洋化学工業を中心に発展するのは疑いようもなく、たとえ採鉱事業は成らなくても、二の手、三の手を打てば、物流や都市開発で先行者利益を得ることは十分に可能だ。

やるなら『今』しかない。

後で他人の成功に地団駄を踏んでも、チャンスは二度と戻らない。愚図な二番手は永久に一番手の尻を舐め、何を見せても二番煎じと嘲られるだろう。

アルは砂利浜に最近操縦を覚えたばかりのモーターボートを引き上げると、これを繋ぎ止めるための杭を一本打ち込んだ。やると決めたら、しばしばこの砂浜を訪れることになる。今は砂利浜以外に何も無いが、いつか必ず採鉱システムを完成し、奴らの目に物見せてやろうではないか。人間の意思がどれほどの事を成し遂げるかを。

Nunc aut numquam.

力強い槌音が潮騒も掻き消す中、アルはひたすら杭を打った。今日の決意を生涯忘れるまいと胸に刻みながら。

【リファレンス】 ラテン語の人生訓

ここでは作中に登場するラテン語の人生訓を紹介します。

雑学としてご参照下さい。

fortes fortuna adjuvat (運の女神は勇敢な者たちを助ける)

テレンティウスの喜劇『ポルミオ』第一幕第四場で、父親が旅に出て留守の間に、食客ポルミオの入れ知恵を借り勝手に妻を迎えてしまった若者アンティポは、父親が旅から帰還したとの知らせを受け、うろたえる。見出し句は、帰還した父親によって女と別れさせられることを恐れているアンティポに対して奴隷が助言して言った言葉。

フォルトゥナ号の機体に刻まれた文言であり、マクダエル家の家訓でもある名句。
高度な合金技術を有しても、時の権力者や経済情勢に翻弄され、その都度、強靱な意思と高潔な精神で乗り越えてきたMIGの創業者一家らしい教訓です。

対照的な句として fortuna favet fatuis (運は愚か者たちを助ける)=運の女神が甘やかす者は愚行をなす、が挙げられます。
宝くじを当てた人があっという間に財産を使い果たしたり、一躍スターダムにのし上がった歌手があっという間に落ちぶれたり、いろいろありますね。

fata viam invenient (運命が道を見出す)

ウェルギリウス『アエネーイス』第10歌、ユピテルが召集した神々の、アエネアスとその宿敵トゥルヌスを巡ってウェヌスとユノの間に口論が起こるが、ユピテルはあえて自らこの論争に決着をつけることをせず、「ユピテルは万人に対して公平である。運命が道を見出すのだ」と言って、自分はどちらにも加担しないことを宣言する

意味としては、こちらがより本作に近いのですが、ここでは運命はFataになっており(運命の女=Amor fatiなどに使われる)、こちらを引用するのは断念しました。
FataはFortunaとはまた少し異なり、「宿命」のニュアンスに近いでしょうか。
Fotrunaはまさに運命のルーレットで、当たり外れがありますが、ここで語られる運命=fataは各々の人生に課せられた使命のような意味が感じられます。

ad astra per aspera (苦難を経て栄光へ)

人生の多くの困難を克服し、大きな名誉を獲得し、神々の側に列せられること。セネカ『来る得るヘラクレス』では、ヘラクレスの妻メガラからヘラクレスについて non est ad astra mollis e terris via 「大地から点への道は緩やかではない(険しい)」と言っている。なお見出し句は、米国カンザス市のモットーとなっている。

アルが長年理事長を務めた産業振興会のアライアンスセンターの入り口にも掲げられています。

同様の名句『PER ARDUA AD ASTRA』(艱難を経て星へ)は、英国空軍のモットーです。

Royal Air Force (RAF)

PER ARDUA AD ASTRA 英国空軍

PER ARDUA AD ASTRA  艱難を経て星へ

traicit et fati litora magnus amor (偉大な愛は運命の岸をも越える)

プロペルティウス『詩集』第一巻・第十九歌から採られた言葉。ここで「運命の岸」と呼ばれているのは、死のことである。偉大な愛は死をも超えて続くという意味。

作中で、アルがヴァルターを冷やかす言葉として使う予定でしたが、最終的には削除。
運命の岸は『死』と解釈されていますが、『困難』や『障壁』でも繋がりますね。

dum spiro, spero (命あるかぎり希望あり)

『アッティクス宛書簡集』でキケロは「命ある限り病人は希望を持つと言われるように、そのように私はポンペイウスがイタリアにいる間は希望を捨てなかった。まさにこのことが私の判断を誤らせたのだ」と言っている。古代では「希望」という言葉がこのように「空しい希望」というネガティブな意味で用いられることが多い。見出し句はポジティブな意味で、米国サウスカロライナ州のモットーの一つとなっている。

アルが設立に尽力したローレンシア島の総合病院のエクステリアのオブジェに刻まれた言葉。
生まれつき病弱だったアンナへの思いも込めて、この句をすべての病者に捧げる。

nihil agendo homines male agere discunt(何もしないことによって、人間は悪事をなすことを学ぶ)

コルメラは『農業論』第11巻で脳お嬢管理人の義務を列挙しているが、その中で、農業管理人は勤勉な労働者(奴隷)を常に大切にすると共に、そうではない労働者に対しても、彼らが農場管理人の残酷さよりむしろ厳格さを尊敬するよう節度を弁えるべきであり、彼らの非行を処罰するより、毎日の労働を厳しく要求することで非行を未然に防ぐことが重要であると説いている。見出し句は、その理由として述べられたものである。この諺の背景には性悪説的な人間観がある。人間は何もしない無為の状態にあれば、自然に悪を成すというこの考え方は、黄金時代や楽園の人間をモデルとする人間観とは反対の立場である。日本の諺では『小人閑居として不善をなす』

ダナがオリアナに最後に放つ言葉。ラテン語なので、オリアナには意味が分からないが、「人間、暇を弄ぶと、ろくなことを考えない」という揶揄。
オリアナも父の財産を当てにしてぶらぶら遊ぶのではなく、ヴァルターに助言されたように、仕事や事業に打ち込めばよかったのだ。つまらぬ嫉妬心から、最後は虚栄心に取り憑かれ、道を見誤る。

ダナとアルが祖父ノアからラテン語を仕込まれたのは、ビジネスの隠語に便利だから。
「今は返事しない方がいい」とか「この件は疑わしい」みたいな、その場で口にできない事も、ラテン語ならひそかに相手に伝えることができる。ラテン語を理解する人はごく少数だからだ。いわば姉弟間の手旗信号のようなもの。そっとメモを手渡したり、通信端末にメッセージを送るのではなく、独り言のように呟いて、意思の疎通を図っていたと思われる。

fluctuat nec mergitur (たゆたえども沈まず)

パリ市のモットー

一見、ゆらゆらと水に揺られ、不安定だが、決して沈むことのない力強さと神の加護を感じさせる名句です。

 ラテン語名句小辞典 (単行本(ソフトカバー))
 著者  野津 寛 (著)
 定価  ¥3,300
 中古 28点 & 新品  ¥2,641 から

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる