海

海を想う人の心が美しいのだ

海
海岸に打ち付ける波の一つ一つにも生命の営みがある。

波は微生物や細かな堆積物を運び、海岸の地形や地質を少しずつ変えてゆく。

それは時に人間社会に不便をもたらすが、こうした変化があればこそ、自然のシステムは生き続けることができる。たとえ生きて行く為に漁が必要だとしても、乱獲は巡り巡って人間そのものを滅ぼす。

海が美しいのではなく 海を想う人の心が美しいのだ。

Tags:

詩想と引用の関連記事

愛の効能

私の想いを大切にしてくれる、ということは、 私という人間を大切にしてくれている、ということ。 だから私も、自分という人間を愛せるようになったのよ。 三番街にピアノが鳴ったら

傘

家事と介護に追われる専業主婦の陽子は、傘を持たずに出掛けた夫の帰りを思い、夕立の中、駅に向かう。そんな陽子の目に映ったのは、若い女性と相合い傘で歩いてくる夫の姿だった。ほろ苦いショートショート。

恋だけが、真の意味で、人間を完全にする

恋は、異質世界との融合だ。 「異性」という、異質の人間との遭遇―― 「情熱」という、未知の感情との遭遇―― 「自分」という、自身でさえ気付かぬものとの遭遇―― 『異』なればこそ、憧れ、欲する。 心と身体の≪何か≫を満たそうとして。 恋は変え […]