海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしい

海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ

海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしい

海が好き──というよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ。

子どもの頃、はしゃぎ回ったあの海は、眩いほどの青色をしていた。

遠い故郷に帰って来たような懐かしい気持ちになる。

[su_quote]『海は生きとし生けるものすべての故郷よ』
と母は言った。
『生命は、すべて海から生まれ、巣立っていったの。陸に上がった人間が今もこうして海を懐かしむのは、 海に暮らした何億年もの記憶を留めているからかもしれないわね』
[/su_quote]

たった一言を書くために、何千枚もの原稿を綴ることがある。

思い起こしてみると、本当に書きたいことは、いつも『たった一言』なのだ。

何万、何十万というその他の言葉は、その一言に至るまでの壮大な助走に過ぎない。

時に迷い、時に躓きながら、その一言に突き進んでゆく。

いつか出遭う、最高の瞬間を追い求めて。

思えば、海はいつでもそこにあるのだ。何億年と変わらぬ姿で。

曲がりくねった夜の道を抜ければ、曙光の下に、いつもその輝きを見ることができる。

遠く思うのは、夜の深さのせいだ。

海はひとりでに遠ざかったりしない。

今年も、あの夏の海を思い、海の響きを懐かしむ。

貝殻のように耳を澄まして。

初稿:2000年7月24日

参照記事→海は生きとし生けるものの故郷 フランスと海洋科学

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

創造的であることが あらゆる苦悩から 我々を救ってくれる

「創造的に生きる」とは、絵を描いたり、詩を書いたりすることではありません。無の平原から、意味のある何かを立ち上げることです。より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを創造的な生き方と言います。

ゴッホ 疲れ果てて

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの作品に『 worn out 疲れ果てて』という作品がある。 十八の時、ゴッホ展で初めて本物を目にしたのだが、見た瞬間、絵に突き飛ばされそうになった。 そこには、見る者を圧倒するような、凄まじい情感が渦巻いていた […]

オランダ

「人間とは乗り越えられるものだよ」と髭の教授は言った。「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。傷つき、苦しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」