今度生まれ変わったら

ある午後の風景 ~今度、生まれ変わったら~

今度生まれ変わったら

ベランダに出たら、中庭で居眠りする猫を見つけた。

あんまり気持ち良さそうなので、

今度生まれ変わるなら、猫でも良いなあと思った。

人間はよけいなことを考え過ぎる。

ただ陽の温もりだけを感じて生きていればいいのに。

日の出とともに目覚め、日の入りとともに眠る、

原始の時代が懐かしい。

自分が何者であるかなど考えもしなかったのだろう

あの頃は。

初稿:1999/06/12

Tags:

詩想と引用の関連記事

女性

人は、自分に理解できるものしか理解しない。 本来、常識などというものは、どこにも存在せず、 『自分に分かるもの』と『分からないもの』の尺度があるだけで、 多くの物事は主観によって価値が決まる。 そして、多数が支持するものを【常識】と呼ぶ。 […]

犬

どこの世界も、物事の成否を決める鍵は『人事』です。 適材適所の配置はもちろん、指導、異動、報奨、抜擢、等々。 誰を、どこに、どのように使うかで、技術や資本の価値も変わってくるといっても過言ではありません。 どれほど潤沢な資金に恵まれても、経 […]

愛の効能

私の想いを大切にしてくれる、ということは、 私という人間を大切にしてくれている、ということ。 だから私も、自分という人間を愛せるようになったのよ。 三番街にピアノが鳴ったら

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG