情報の海から一滴

気付き、感得、そして創造 情報の海から運命の一滴を拾い出す

好きな物や関心のあることだけが有為な情報ではない。

ふと目に入る広告や新聞の片隅の記事も心を傾けてみれば、いろんな気付きがある。

情報の海から『運命の一滴』を拾い出すのは奇跡のようなもの。

だが、探し求めれば、いつかは巡り会うことができる。

Tags:

詩想と引用の関連記事

曙光

東向きの部屋に移り住み、昼夜逆転の生活をするようになってから、夜明けを目にすることが多くなりました。 私はそれまで『日の出』というものを見たことがなく、いつも頭上で燦燦と輝く太陽しか知らなかったのですが、初めて曙光を見た時、胸にしみいるよう […]

恋だけが、真の意味で、人間を完全にする

恋は、異質世界との融合だ。 「異性」という、異質の人間との遭遇―― 「情熱」という、未知の感情との遭遇―― 「自分」という、自身でさえ気付かぬものとの遭遇―― 『異』なればこそ、憧れ、欲する。 心と身体の≪何か≫を満たそうとして。 恋は変え […]

女性

好きになってもいいですか。 気付いた時は、どうしようもなく あなたにひかれてしまっていたのです。 あなたの仕草。 あなたの吐息。 あなたの足音。 あなたの眼差し。 あなたのすることで、 私の心をふるわさないものは何一つありません。 あなたと […]