MENU

One Heart, One Ocean 海に生きる人々の願い ~立場や思想を超えて

2020 6/30
目次

【社会コラム】 海は一つ 心も一つ

海にも陸にも、本来、境界はありません。人間の都合がそこに境界を設けるのです。
境界によって守られる利益もあれば、いっそう複雑化する問題もある。
何を重んじ、何を優先すべきか、人の見識と歴史的センスにかかっています。

この社会にはいろんな人が暮らしています。
お金持ちもいれば、名もない会社員もいる、そして、多くの人は社会の平和と幸福を願っています。
立場も考えも異なる人々を一つに束ねるのは容易ではありませんが、それでも私たちは明確な指針を示さねばなりません。
なぜなら、私たちは同じ一つの船に乗る共同体だからです。

本作では、『One Heart, One Ocean』というスローガンに託して、海洋社会の指針を示します。

立場の違いはあっても、人はやはり希望のもてる理念に動かされるのではないでしょうか。

【小説の抜粋】 人々を一つに結ぶ未来のスローガン

海洋情報ネットワークの構築にあたり、ヴァルターと関係者は、同様のオープンデータベース・サービス『汎大西洋ネットワーク』の構築と運営を手掛けるアトランティック・データのエグゼクティブ・チーフとオンラインミーティングを行い、意見を求めるが、先方の見方は厳しく、海洋情報ネットワークを成功させるなら、一般大衆が引き付けられるような「何か」が必要だと指摘され、改めて運営の難しさを思い知らされる。
意気消沈するヴァルターとリズに、海洋情報部のメイファン女史はディナー・クルージングの招待券をプレゼントし、「もっと今という瞬間を楽しんで」とアドバイスする。
二人は幸せな一時を満喫する中、アニバーサリー・ケーキのデコレーションから人々を一つに結ぶ未来のスローガンを思い付く。

このパートは『海洋小説『曙光』(第三章・海洋情報ネットワーク)』の抜粋です。作品詳細はこちら

縦書きPDFで読む(Google Drive)

ホワイトチョコレートを組み合わせたムースで、表面には甘酸っぱいオレンジとアプリコットクリームのデコレーションがほどこされている。中央にはハートを象ったホワイトチョコレートが飾られ、チョコレートペンで『One Ocean( 一つの海 ), One Heart( 一つの心 ). Now and Forever( これからもずつと )』と綴られていた。

「なんて素敵なの! 食べるのがもったいないくらい」

リズはスプーンを片手に声を弾ませ、彼は彼はチョコレートペンで綴られたメッセージにじっと見入っている。

「One Ocean, One Heart. いい言葉だな」

「どういうこと?」

「アステリアだよ。オーシャン・ポータルのスローガンだ。誰がどのように領海線を引こうと、海は永遠に一つだ」

「その通りよ。海は誰のものでもないし、その恵みは永遠よ」

「それぞれが利益や幸福を追い求めるにしても、共同体には一つの目標が必要だ。どんな社会を作りたいのか、何を目指すのか。だが、今のアステリアには個を繋ぐ理念がない。みな、漠然と意識はしているが、目に見える形が存在しないんだ。One Ocean, One Heart ――これをアステリアのスローガンにできないだろうか。たとえば、パリには『たゆたえども沈まず』、ロンドンには『主よ、われらを導きたまえ』というモットーがあるだろう。それと同じようにOne Ocean, One Heartをアステリアのスローガンにする。たとえ強い勢力がアステリアを分断しても、海は決して分かてない。ここに暮らす人々の願いも永遠に一つだ」

「素敵ね。誰にでも分かりやすくて、なおかつ愛がある。どんな命も元を辿れば一つの海に行き着くんですもの。たとえ目指すものは違っても、利害で社会を分かつべきでないわ」

「鉱業局のマイルズ調査官が言ってたよ。ネンブロットの平原に立てば、みな同じだと。俺たちは皆、同じ星の物質を分かち合って生きている。宇宙の視点から見れば、MIGもファルコン・マイニング社もないんだよ。俺は立場の違いを超えて、全体に働きかけたい。海が誰のものでもないように、どちらかの側から裁きを下すのは間違いなんだ」
リズも頷き、

「あなたは何にも縛られることはないわ。私は『アル・マクダエルの娘』としての自覚や責任があるから、どうしてもMIGの側に立った物の見方しか出来ないけれど、あなたは違う。何ものからも自由だから、本当の意味で虚心坦懐になれる。そして、それが説得力になる」

「リズ。俺はね、きっとお目出度い理想主義者なんだよ。綺麗事と分かりきったことでも言わずにいられない。なぜって、分かりきったことでも誰もやろうとしないからだ。

何事も『こんなもの』と妥協するのは簡単だ。見て見ぬ振りすれば、火の粉をかぶることもない。

だが、それが俺の生き方かと問われたら、断じて否だ。父もそんな安逸な生き方は望まないだろう。

もう二度と、身体を張って堤防を守るような真似はしたくなかったが、それでも俺は父のように生きたいと願う。

何度生まれ変わっても、魂がそれを選ぶように。

俺にとっては One Ocean, One Heart こそ理想の全てだ。これからも、どんな形でも、訴えかけていきたい」

次のエピソード
鉱物資源探査と深海調査のオファー ~一般向け広報と説明の義務
鉱物資源探査と深海調査のオファー ~一般向け広報と説明の義務ウェストフィリア島と近海に眠る鉱物資源を探査する為、オリアナが深海調査のオファーに訪れる。ファルコン・マイニング社の意向にヴァルターは疑念を感じるが、ウェストフィリア探鉱がもたらす利益と潜水艇の新米パイロットが置かれた立場を思い、オファーを引き受ける。

【リファレンス】 One Oceanのキャッチフレーズと『SeaWorld』

私も最近知ったのですが、『One Ocean』というキャッチフレーズはフロリダ州の海洋アドベンチャーパーク『SeaWorld』の標語なんですね。
たかがシャチのショーと思うかもしれませんが、実際、その場で見たら感動しますよ。

人間さまは、シャチに水をかけてもらって、遊んでもらうという……アメリカらしいエンターテイメントです^^; 
(醒めた目で見たら、少々、情けない。シャチに水をかけてもらって、何が嬉しいんだか……)

目次
閉じる