さんご

宇宙の片隅の一期一会 ~その場に行けるのは一度きり

さんご
[su_quote cite=”曙光“]歯痒い思いをしてるのはステラマリスの科学者も同じだ。予算がなければ調査船も出ない。それでも皆、生涯のテーマと定めた研究に懸命に取り組んでいる。お目出度いかもしれないが、人間の情熱に優るものはない。明日の潜航はどうだ? 面白いものが見つかりそうか?」

「興味深いものはあっても、潜航の機会を生かせそうにありません」

「やりにくいことがあっても、その場に行けるのは『一度きり』だよ」

ランベールは静かな口調で言った。

「深海の珍しい生き物も、熱水が勢いよく噴き出すチムニーも、その場で出会えるのは一生に一度だ。もしかしたら、この数世紀のうちに、それを目にする人間は世界中で君一人かもしれない。それくらい稀少で、宇宙的スケールの出会いを、わたしたちは日常的に体験することができる。そうだろう?」
[/su_quote]

関連する記事

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”post,morgen,poetry” taxonomy=”post_tag” tax_term=”205″ order=”desc” orderby=”rand”][su_spacer][su_label type=”info”]タグ[/su_label] 曙光の言葉

Tags: , ,

詩想と引用の関連記事

くらげ

時が過ぎ、秋が深まる頃には、波に運ばれて、別のものに生まれ変わるのだろうか?それとも、海の見える所にずっと身を横たえたまま、少しずつ砂の上に崩れていくの──?

海のように深く沈潜する

彼もこの海と同じだ。 全てが止まったように見えるが、心の中では生まれたり、悟ったり、日一日と変わりつつある。 どん底に落ちたというのに、目の前は不思議なほど清明だ。 喩えるなら、がむしゃらに突っ走っていたレーシングカーが壁に激突し、ようやく […]

体得された自由の印は何か? ――もはや自分自身に恥じないこと。

「創造的に生きる」とは、絵を描いたり、詩を書いたりすることではありません。 無の平原から、意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日 […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG