さんご

宇宙の片隅の一期一会 ~その場に行けるのは一度きり

さんご
[su_quote cite=”曙光“]歯痒い思いをしてるのはステラマリスの科学者も同じだ。予算がなければ調査船も出ない。それでも皆、生涯のテーマと定めた研究に懸命に取り組んでいる。お目出度いかもしれないが、人間の情熱に優るものはない。明日の潜航はどうだ? 面白いものが見つかりそうか?」

「興味深いものはあっても、潜航の機会を生かせそうにありません」

「やりにくいことがあっても、その場に行けるのは『一度きり』だよ」

ランベールは静かな口調で言った。

「深海の珍しい生き物も、熱水が勢いよく噴き出すチムニーも、その場で出会えるのは一生に一度だ。もしかしたら、この数世紀のうちに、それを目にする人間は世界中で君一人かもしれない。それくらい稀少で、宇宙的スケールの出会いを、わたしたちは日常的に体験することができる。そうだろう?」
[/su_quote]

関連する記事

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”post,morgen,poetry” taxonomy=”post_tag” tax_term=”205″ order=”desc” orderby=”rand”][su_spacer][su_label type=”info”]タグ[/su_label] 曙光の言葉

Tags: , ,

詩想と引用の関連記事

幸せの感じ方と心の空白に気付くこと

“私には、私の愛を糧にして生きてくれる人が必要だった。 貪りもせず、無駄にもせず、その全てを自分の血と肉にしてくれる人が。 どんな人間にも、魂に空白がある。 プラトン風に言えば、人は自分の魂の片割れを求めて彷徨っているわけだが、 […]

Too Sad 空しい祈り

悲しすぎる夜 私は力なく神の門をたたく それで明日が 変わるわけではないけれど 誰かの耳には  聞き届けられるような気がして 初稿:2000年

犬

僕は淋しい野良猫で、帰る場所を探している。 いつでも、どこからでも、帰って行ける場所だ。 夕べ、犬に言われたよ。 「犬はどこででも眠ることができる。自由を愛しているからさ」 だけど帰る場所のない自由なんて、ただ浮いてるだけだ。 もし君が死ん […]