ベルサイユ

オスカルとは何者だったのであろうか

ベルサイユ

YouTubeなどで改めて見ると、オスカルって、やっぱり格好いいね。

私も落ち着く所に落ち着いてから、オスカル離れして久しいけれど、こんなオスカル様を見ていると、「ああ、好きだったなあ」と小中学生の頃を思い出してしまう。
まだ世界が自分の思う通りになるような気でいた、大昔の話だ。

私にとって、オスカルとは何者だったのであろう。

凛とした美しさ、意志もって生きる素晴らしさ、自らに従う潔さと素直さ――そうした、真に女性らしい、女性にしか出来ない、豊かでしなやかな生き方を体現してくれた人、そんな感じがする。

一番真似したかったのは、意志もって生きることかな。

そして、死ぬ時は、「悔いなく生きた」と満足して逝く。

これだけ叶えば、十分幸せ。

そこに愛し、愛される幸せが加われば、100%満足でしょう。

オスカルといえば、強い女性の代名詞みたいに思われている部分があるけれど、実体は、誰よりも素直で可愛い女だと思う。
だから突っ張っても、見苦しくない。
泣くときも、甘えるときも、自然に自分を出すことができる。
本物の強さは、その裏に必ず、自分の無力さを認める素直さを持ち合わせているものなのだ。

世界で一番可愛い女、オスカル。

こんなセリフが出てくるなんて、私も、年とったなあ・・(; 😉

*

でも、意外と、私はアンドレには転ばなかったんだよねー。(アンドレファンの皆さん、ごめんなさい)
正直言って、全然、タイプじゃなかった。(私には濃すぎた)
オスカルが好きだというから、私も一票・・・って感じで、最初から最後まで、ついにときめかなかったなー。
なんでやろ??

今はもっぱらルイ16世のファンだし。
そうそう、旦那にするなら、ルイ16世みたいなのがお薦めですよ。
女性を真の意味で羽ばたかせてくれるのは、実は、ルイ16世みたいな男性なのだ――ということに気付く時、たいていの女は年老いてしまってるんだよね~~、というのが、今の私の結婚観かな(笑)

だけど、出崎監督(アニメ演出家)のアンドレは力石徹みたいだよねー。ごついー。

*動画は削除されました。

Tags: , ,

アニメ・漫画の関連記事

宇宙戦艦ヤマト

そりゃね、ワタクシの年代で、ヤマトも999も見てない――という人は、希有ではないかと思います。 これをリアルタイムで見た時のインパクトというのは、今の子供達の比ではないですよ、本当に。 私はもともと、天文学とか星座物語なんかが大好きで、ほと […]

ばら

私が「ベルばら」にすっ転んだのは小学校四年生の時です。 NHKで見た宝塚劇場中継がきっかけでした。 その頃は、愛だの恋だのという話はもちろん、生き甲斐だの、人生だのというテーマにも何の関心もなかったので、『オスカル』というヒロインとの出会い […]

あしたのジョー

自分を懸けられる「何か」が見つかった時点で、人生は成功したも同じ