人間とは乗り越えられるもの ~人生における『創造』とは何か。

彼も十九歳になり、今では父の死や生き様と正面から向き合う余裕もある。プロテウスのパイロットになるという目標に燃えているせいか、悪夢にうなされる回数もめっきり減った。
そんな彼が生涯かけて理解したいのは、あの晩、堤防を守りに戻った父の気持ちだ。
<中略>
自分も被災者の一人であり、土木技師の父親を亡くした体験を語ると、教授はうんうんと頷き、あの晩、各地で多くの作業員が命を落とし、今はその遺族や元住民が中心となって復興ボランティアに取り組んでいることを教えてくれた。
「人間とは乗り越えられるものだよ」と髭の教授は言った。
「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。傷つき、苦しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」
創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を解き放ってくれる

引用元の投稿にもあるように、「人間とは乗り越えられるものだよ」という台詞はニーチェの《ツァラトゥストラ》名言の応用です。
《乗り越える》とは、辛いことが「辛くなくなる」ことではありません。
辛い、悲しい出来事を、いかに世界に還元するか。
そこに辿り着くまでの過程を指します。
本作では、ヴァルターが力業で悲しみを乗り越えようとします。いわば、根性や気力で、心の傷を克服しようとするわけですね。
しかし、それは割れた板に接着剤を塗り込むようなもので、本当の意味で「乗り越えた」にはならないし、一見、直ったように見えても、何かの弾みで、ポキンと折れてしまうこともあります。
そうではなく、辛い、悲しい出来事を通して、自分が知り得たことを、いかに周りに活かすか。
その過程における工夫や思い遣り、他人の痛みに対する想像力や行動力が、自分を鍛え、世界を変えていくのです。
痛みを忘れようと、がむしゃらに働いたり、周りをあっと驚かせるような勲章を手に入れても、本当の意味で克服したとは言えません。
人生における真の創造とは、痛みや苦しみさえも「経験してよかった」と心の底から思えた時、実感できるものです。

Photo:Tim HillによるPixabayからの画像

Tags: ,

文学・哲学・寓話の関連記事

オートバイ

人生は「得てに帆あげて」生きるのが最上だと信じている。だから今でも機会があると、若い人に得意な分野で働けといっている。

女性 旅

二十代や三十代ともなると、やはり人間としてこの世に生を受けたからには、何かしら生きた足跡を残さねば、できれば素晴らしい仕事を成し遂げねばと気負ってがむしゃらに生きた。恋も結婚も子供も、人間として女として普通の人が手に入れるものは何もかも手に入るのが当然だとも思っていた。四十代になったとき、そのように考えていた自分の不遜さに卒然と気付いた。 その不遜さが、また自分をどれほど苦しめていたかということにも。 

イソップ寓話『狐と鶴』文化の違いと日本のおもてなし

イソップ寓話集の『狐と鶴』といえば、「他人に意地悪をした者は、同じように意地悪をされる」という寓意で知られているけども、全文読めば、決してそれが主旨でないことが解る。 狐が油をたっぷり使った豆スープを平べったい石の皿に入れて、鶴を招待したが […]