オランダ

人間とは乗り越えられるもの ~創造的な人生とは

オランダ

彼も十九歳になり、今では父の死や生き様と正面から向き合う余裕もある。プロテウスのパイロットになるという目標に燃えているせいか、悪夢にうなされる回数もめっきり減った。
そんな彼が生涯かけて理解したいのは、あの晩、堤防を守りに戻った父の気持ちだ。

<中略>

自分も被災者の一人であり、土木技師の父親を亡くした体験を語ると、教授はうんうんと頷き、あの晩、各地で多くの作業員が命を落とし、今はその遺族や元住民が中心となって復興ボランティアに取り組んでいることを教えてくれた。

「人間とは乗り越えられるものだよ」と髭の教授は言った。

「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。傷つき、苦しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」

引用元の投稿にもあるように、「人間とは乗り越えられるものだよ」という台詞はニーチェの《ツァラトゥストラ》名言の応用です。

人間とは乗り越えられるもの ~人生における『創造』とは何か。

引用元

創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を解き放ってくれる

Tags: , ,

詩想と引用の関連記事

若者の劣等感、敗北感、挫折感

盗人の烙印を押されたまま、誰にも信じてもらえず、故郷にも戻れず、世間を欺いた卑怯者として人々の記憶に残るぐらいなら、いっそこの世から消えてしまいたい――と思ったこともあったが、結局、その勇気もなく、負け犬みたいに拾われて、今は成功者の圧倒的な強さ(パワー)に打ちのめされるばかりである。

心の旅 物事の意味に気づく時

ぐるっと一周、心の旅を終えたら、同じゼロ地点に戻ってきた。 その時、私は、どんなに彼に愛されていたか、心の底から実感することが出来たよ。 あの悲しみも苦しみも、私には絶対必要なものだった。 神様に与えられた愛の課題を見事に解いたような気がす […]

優しさは見えない気持ち

淋しくないのか、留守を任せられる友達はないのか、いろいろ聞いてみたいが、それも憚られる。心の奥深くに立ち入ろうとすれば、この人はたちまち口を閉ざして、彼女のことも遠ざけるにちがいない。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG