恋愛コラム『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』 Kinle Unlimitedで公開中試し読み

Kindle版 子供はなぜ親に『死ね』と言うのか ~電子書籍の案内 

子供も二度、生まれる。一度目は存在する為に。二度目は生きる為に。
どこで、どんな風に生きるにせよ、世界の光を見るには、親という殻を内側から突き破るほどの勢いと覚悟が必要です。それが親の目には『反抗』と映るのです。

概要

本書はウェブサイトとメルマガに掲載していた『コラム子育て・家育て』を元に構成しています。
2018年5月、『「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので』というタイトルで書籍化しましたが、内容の見直しも兼ねて、一旦、配信停止。
2021年4月、加筆修正して、再公開しています。

本書の特徴は、親サイド、子供サイドの両面からアプローチしている点です。
通常、育児コラムは親の視点で書かれますが、本書は子供の立場から読んでも面白いよう、若者向けのメッセージも平気しています。
なお、第六章の『コラム子育て・家育て』は幼児育児を対象に書いたコラムですが、思春期にも共通のテーマと思いますので、参考にご一読下さい。

親子にとって、自分と向き合うきっかけにして頂ければ幸いです。

目次

第一章 精神的親殺しとは何か
河合隼雄の著書『家族関係を考える』から
オイディプスの物語

第二章 十七歳のオイディプス
次の進路で人生が決まる
「死ね」「殺す」の正体

第三章 十八歳の旅立ち
人は二度生まれる
呪いに打ち勝つ
まずは自分に誓いを立てる
『楽に稼げる』に惑わされない
親と同居でも自立は可能

第四章 オイディプスの幸せ道
あなたは幸せになろう
自分を見つめる・自分を知る
変えられるのは自分だけ
物理的・精神的距離をおく
自分が死んではつまらない
自立は罪悪ではない 
何度でも、何度でも、克服する
自分を恥じない
自信とは何か
大人になる、ということ
子供だって社会の役に立ちたい
可能性の幅を広げる ~助言は具体的に
人生は夢を叶える為にある
大学には行った方がいいの?
「好きなことをして生きる」は正解か
高卒でも職人を目指せ
一流人ほど具眼に優れる
今日、自殺するということは
人生は誰に出会うかで決まる
ダメ親も成功のモチベーション
人生は最後まで生きてみないと分からない
勉学が身を救う
文学的感性が人を救う
強さとは、受け入れる力のこと
怒ることは悪ではない ~内なる感情を大切にしよう

第五章 親の死を願う子供と、どう向き合うか
反抗は否定ではない
対決を通しての安定
親も自分自身にフォーカスする
傷つけ合わない関係など、ない
愛とは、問題そのものである
自尊心を育む ~本当に幸せな子供に育てるために
親である自分が好きですか?
子育てとは、子供時代をもう一度生き直すこと ~親子関係のロールプレイ
親とは『プロの子供』である
自信たっぷりに育てられたら、子供だってたまらんさ
その正論に愛はありますか
子供が死にたいと言った時 ~自殺志願の方に接する場合の覚え書き
自己無価値観のある子供に教育は響かない
子供の許しはいつ訪れるか 
親殺しと再生
放蕩息子と心のホームレス

第六章 コラム子育て・家育て
子供に対する最大の贈り物は『時間』です -スーパーナニーの言葉
自尊心を育む
親である自分が好きですか? ~内なる感情を楽しむ
自分で自分を愛せない親
自分で自分を愛せない親はノウハウや権威に頼る
子供はいい親より、あなたが好き
子育てのゴール ~子供が『大人になる』ということ
なぜ子供は親を舐めるのか ~親が自分の欠点を知ることは愛し方を学ぶ第一歩
命を大切にできないのは、根底に自己の無価値感があるから
「うざい」「ムカつく」「死ね」「殺す」の表現を言い換えよう
子育てを通して、親も『二度目の子供時代』を生き直す ~親子のロールプレイが心を癒やす時

第七章 『二度目の誕生』について
頼るものもない町で、自力で生きていけるだろうか

おわりに ~親の死を願っても、人生は変わらない~

ウェブサイトから
親を捨てよ 家を出よう
『オイディプス王』と精神的な親殺しについて
「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので
心のホームレス Monde Grossoの1974 -Way Homeー

Kindleストア