真珠 オイスター

真珠と努力とライフワーク

真珠 オイスター

真珠の核にあるのは、棘だか砂だかの小さな異物。
痛い、苦しいと泣きながら、じっと抱えているうちに、
綺麗な珠になりました――。

愛でも、閃きでも、何ものにも顧みられることなく、
じっと胸に抱き続けることは苦しいものだ。
ダイヤの原石か、ただの石ころか分からぬものを、
ひたすら自分の中で磨き続けることは。

人はそれがダイヤの原石と分かれば大事にする。
全力を尽くして磨こうとする。
だが、得体の知れないものには冷たい。
磨く努力もしない。

異物を抱き続ける苦しさに負けて、
吐き出してしまえばそれで終わりだ。
楽になっても、何をも生み出すことはない。

ライフワークを完成させるのは、運や才能ではなく、
「始まり」という名の小さな異物を
どこまで抱き続けられるかだと思う。

この世には、いろんな真珠があるけれど、
自分が結晶させた真珠は、
この世のどんな宝石にも勝る。

記 2005年?

詩想と引用の関連記事

たとえ彼女が運命の囚われ人としても

「好きに生きるだけが人生ではない。決められた役割を全うするのも、同じくらい尊い」。この世には、やりたくもないことを、責任感でやってる人の方が圧倒多数です。それを奴隷と嘲笑うか、敬意を示すかで、その人の感性が分かります。

今度生まれ変わったら

ベランダに出たら、中庭で居眠りする猫を見つけた。 あんまり気持ち良さそうなので、 今度生まれ変わるなら、猫でも良いなあと思った。 人間はよけいなことを考え過ぎる。 ただ陽の温もりだけを感じて生きていればいいのに。 日の出とともに目覚め、日の […]

海のように深く沈潜する

彼もこの海と同じだ。 全てが止まったように見えるが、心の中では生まれたり、悟ったり、日一日と変わりつつある。 どん底に落ちたというのに、目の前は不思議なほど清明だ。 喩えるなら、がむしゃらに突っ走っていたレーシングカーが壁に激突し、ようやく […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG