真珠 オイスター

真珠と努力とライフワーク

真珠 オイスター

真珠の核にあるのは、棘だか砂だかの小さな異物。
痛い、苦しいと泣きながら、じっと抱えているうちに、
綺麗な珠になりました――。

愛でも、閃きでも、何ものにも顧みられることなく、
じっと胸に抱き続けることは苦しいものだ。
ダイヤの原石か、ただの石ころか分からぬものを、
ひたすら自分の中で磨き続けることは。

人はそれがダイヤの原石と分かれば大事にする。
全力を尽くして磨こうとする。
だが、得体の知れないものには冷たい。
磨く努力もしない。

異物を抱き続ける苦しさに負けて、
吐き出してしまえばそれで終わりだ。
楽になっても、何をも生み出すことはない。

ライフワークを完成させるのは、運や才能ではなく、
「始まり」という名の小さな異物を
どこまで抱き続けられるかだと思う。

この世には、いろんな真珠があるけれど、
自分が結晶させた真珠は、
この世のどんな宝石にも勝る。

記 2005年?

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

Notes of Life

ファッション・デザイナー イッセイ・ミヤケの内弟子に二十代 の優秀な女性デザイナーがいて、ブティックを開いたら、どんどん売れるようになったらしい。 ところが、自分の作りたい服と、売れる服がどんどん違ってくるよ うになり、彼女はイッセイに相談 […]

真珠 バラ

愛でも、夢でも、閃きでも、何ものにも顧みられず、胸に抱き続けることは苦しいものだ。ダイヤの原石か、ただの石ころか分からぬものを、ひたすら自分の中で磨き続けることは。

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

「人生を無駄にする」ということは、負けて、劣って、終わることではない。本当の自分を理解しないまま、言い訳にうもれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことだ。たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せである。