月 プリンセス

真珠 ~この世には、闇に落ちてはじめて分かる美しさがある

月 プリンセス
太陽が海の恋人なら、月は海の守り神。
夜の海を照らすのは、闇夜に輝く月だから。

星が旅人を導くように、月はその航路を照らして守る。
もし夜に月が無かったら、たちまち暗がりに迷うだろう。
あれは昼の中では用をなさないが、夜には無いと困るのだ。

そんな光のしずくが、夜の底で、輝く白い珠になった。
真珠の言葉は、『純粋無垢、健康』。

宝石というよりは、魂の結晶。 
胸の底に落ちた涙が固まって出来たような。

磨き抜かれた人の心は、真珠のように美しい。
それは昼の日中には目立たないけれど、夜に迷えば、明るく映えて見えるのだ。

この世には、闇に落ちてはじめて分かる美しさがある。 

真珠は、そんな人の心によく似ている。

Tags:

詩想と引用の関連記事

愛の試練は同じ重さでやって来る

お願いだから『永遠』なんて言わないで。過去、何百万と誓いを立てた愛が、永遠という言葉の中でどれだけ滅んだと思うの?あなたがどう誓おうと、心なんて、いつか変わるの。愛だけが特別なんて、絶対に有り得ないわ。

海

海岸に打ち付ける波の一つ一つにも生命の営みがある。 波は微生物や細かな堆積物を運び、海岸の地形や地質を少しずつ変えてゆく。 それは時に人間社会に不便をもたらすが、こうした変化があればこそ、自然のシステムは生き続けることができる。たとえ生きて […]

なぜ、うちの子だけ

「本当のことを言って下さい」という人がいる。 でも、多くの人は、本当のことを言うと急に怒り出す。 ゆえに、世間はだんだん本当のことを言わなくなる。 誰も本当のことを言わないから、大切なことも伝わらない。 過ちは過ったまま、正されることもない […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG