MENU
恋と生き方のエッセー、子育てコラムは移転しましたsanmarie*com

人間と猿の違いは『No』と言えること:『猿の惑星・創世記』

目次

【コラム】 猿山には何故イノシシが居るのか

むかーし、生物学科の知人に聞いたことがあります。

「猿山には何故イノシシがいるのか」

周知の通り、猿の社会は、幼稚園のママ集団と同じく、階級社会です。

弱い猿はいじめられ、動物園の猿山のように閉鎖された空間で飼育されていると、逃げ場を失い、ストレスから死んでしまうこともあるそうです。

ところが、そこにイノシシが居ると、弱い猿はイノシシの背中に乗ったり、ちょっかいをかけて、ストレスを発散することができます。(イジメてるつもり)

けれど、イノシシは「猿に遊んでもらっている」と感じるので、ストレスには感じないそうです。

つまり、あのイノシシは、弱い猿の攻撃の受け皿となることで、階級社会の最下層にいる猿の救いになっているわけですね。

ですから。

幼稚園でボスザルみたいなママや、その手下ザルにいじめられたら、こう考えましょう。

「私はイノシシ。あんたはサル。あんた達のストレスの遊び相手になってやってんのよ」と。

根本的に生物種が異なると思えば、少しでも気持ちが楽になりませんか。

ついでに、タワーマンションで、上だの、下だのにこだわる人たちの、無意味な上階自慢に疲れたら、心の中でこう唱えるといいですよ。

『バカと煙は高い所が好き』

元気出してね。

【映画コラム】 『No』は進化の証

なぜ猿のシーザーは「No」と言ったのか

アルツハイマーの新薬の影響で、卓越した知能を持つに至った猿のシーザーは、心優しいウィル・ロッドマンの家に引き取られ、家族同然に育てられます。

ところが、アルツハイマー病に苦しむウィルの父親を、乱暴な隣人から守ろうとした行為が、逆に「危険な動物」とみなされ、霊長類保護施設に隔離されてしまいます。

狭い檻に閉じ込められ、粗末な餌を与えられ、飼育係に虐げられるシーザーは、ついに決起し、猿の仲間を統率して、人類との闘いに挑みます。

その時、シーザーをいためつけ、檻に戻そうとする意地悪な飼育員にシーザーが放つ言葉が『No

日本語吹替では「やめろ!」になっていますが、オリジナルでは「No(ノー)」と力強く叫びます。

これが猿のシーザーの「最初の言葉」なんですね。

*

これって、何かに似てません?

そう、「子供」です。

親なら誰でも経験する「魔の二歳児=イヤイヤ期」です。

「ジュンちゃん、ごはん食べる?」

「イヤ」

「ジュンちゃん、お着替えする?」

「イヤ」

「ジュンちゃん、遅いからもう帰ろう」

「イヤ」

右も左も分からない、言葉も知らない、人間的に真っ新な状態で赤ちゃんが順調に成長し、「自我」に目覚め始めた時、好んで使う言葉です。

まるで「イヤ」の中に自分が居るみたい。

二歳児のイヤイヤ期には本当に手を焼きますが、子供が「イヤ!」と言うのは、「お猿」から「人間」に成長した証なんですね。

ゆえに、シーザーが最初に発する言葉を「No」に設定したのは、非常に好い演出だと思います。

※ さあ、みんな、勇気をもって『No』と言おう。

人間関係を円滑にする「No」

もちろん、「No」と言われて嬉しい人間はいません。

家庭でも、会社でも、何所の世界でも同じです。

No, Thank you が当たり前の国でも、自分の誘いを断られたら、誰でもガックリ肩を落とすのは万国共通。

腹の底から喜ぶ人なんて、まず有りません。

それでも一点違うのは、「他人のNoを尊重する」という精神的風土がある点です。

私がNoを言うように、あなたもNoと言っていい。

あなたがNoを言うように、私もNoと言っていい。

お互いにNoを受け止める余裕がなければ、どんな人間関係も長続きしません。

『No』は、誰にとっても苦い言葉ですが、実質は、人間関係を円滑にする、魔法の言葉なのです。

*

恐らく、Noを言うのも、言われるのも怖い人は、『No』を全人格の全てと思い込んでいるのかもしれません。

他人のNoが許せない人は、『No』の一言に己の全存在を懸けてしまうからかもしれません。

『No』も人間の意思の一つに過ぎないのに。

*

映画に好き嫌いがあるように、人間の意思にも、Yes と No が存在します。

それは一つの嗜好であり、選択の結果に過ぎないのに、Noに過剰反応する人は、Noに己の全存在を投影し、意思と人格の切り分けができないのでしょう。

たとえば、遊園地に行けば、観覧車が好きな人もいれば、絶叫マシーンに乗りたい人もいます。

観覧車が好きな人に、「絶叫マシーンに乗ろう」と誘えば、きっと「イヤよ(No)」という返事が返ってくるでしょう。

でも、それは、あなたという人格を否定してイヤだと言っているのでしょうか。

そうじゃないですね。

彼女はただ、絶叫マシーンが苦手なだけ。

だから、誘われたら「イヤよ」と言うのです。

ところが、Noという言葉に全存在を投影してしまう人は、「彼女は私を嫌っているから、私の誘いにイヤと言うのだ」と、自分を否定されたような気持ちになってしまいます。

相手の意思と人格の切り分けができないので、思うような答えが返ってこないと、傷ついたり、恨んだりするのです。

*

意思は意思。好みは好み。

意見も嗜好も、その人の一部であって、人格とはまったく別のものです。

だから、気の進まない物事に対して、相手は No と言っていいし、あなたも同じように No と言っていい。

お互いに、お互いの意思や嗜好を尊重する気持ちがあれば、相手の否定も許せるし、あなた自身が傷つくこともありません。

その余裕が好意になり、信頼になり、人間関係を円滑にするんですね。

Noは自立した人間の証

『No』はまた、自立した人間の証でもあります。

何故なら、No を口にするには、勇気と責任が伴うからです。

猿のシーザーは、『No』という言葉で、自分の意思を力強く表明します。

人間に飼われて、檻の中でおとなしくしておれば、とりあえず安全で、餌にもありつけますが、シーザーはそうしませんでした。

人間に憎まれ、住まいも餌も無くすのを覚悟で、『No』と意思表示します。

この場面は、単に「言葉を習得した」という話ではない、シーザーの自我の目覚めと独立宣言の叫びなんですね。

人間と猿の違いは、『No』と言えるか、否かです。

意思のある人間ならば、勇気をもって『No』と言わねばならない時もあるからです。

そして、他人のNoを尊重するように、自分のNoも尊重する。

『No』という言葉は、人間の尊厳に他なりません。

Noという言葉を大事にすれば、かえって人は救われ、社会も円滑になるのです。

猿の惑星シリーズ

あわせて読みたい
リーダーシップとは何ぞや『猿の惑星・新世紀』
リーダーシップとは何ぞや『猿の惑星・新世紀』なぜ猿社会のリーダーであるシーザーは長年の友コバの手を離したのか。万人に平等の考えは必ずしも皆を幸福にするとは限らない。政治とは取捨選択のプロセスであるという観点から政治とリーダーシップの在り方を読み解く。
あわせて読みたい
『猿の惑星、一枚』 おひとり様の映画列伝 ティム・バートン版のレビュー
『猿の惑星、一枚』 おひとり様の映画列伝 ティム・バートン版のレビュー劇場のチケット売り場で口頭で伝えなければならなかった『猿の惑星、一枚』とおひとり様の趣味の楽しみ方。2001年公開のティム・バートン監督の作品、および「バットマン」「クリスマス・ビフォア・ナイトメア」の話題を併せて。

DVDとAmazonプライムビデオの紹介

「最近のハリウッドのお猿は利口やな~」と思っていたら、俳優さんが特撮で演技してると知ってビックリ。
(ロード・オブ・ザ・リングで「マ~イ・プレシャ~ス」と言うてた人。ゴラム?)

私も、我が家のハムスターと心を通わせているからね。(四匹、それぞれに性格が違う)

サルと人間の違いが理解できて、感慨深い作品です。

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]
出演者  ジェームズ・フランコ (出演), フリーダ・ピント (出演), ジョン・リスゴー (出演), アンディ・サーキス (出演), ルパート・ワイアット (監督)
監督  
定価  ¥1,019
中古 24点 & 新品  ¥154 から

Amazonプライムビデオで視聴する

目次
閉じる