人こそ資本 無限の可能性がある

『人こそ資本』 カネとモノには限りがあるが、人には無限の可能性がある

人こそ資本 無限の可能性がある

拾いの神が捨てられた者を拾う時

水深3000メートル下からニムロディウムを含む海底鉱物資源を採掘すべく、アル・マクダエルは洋上の採鉱プラットフォームを建造するが、本採鉱を前に、プロジェクトリーダーが失踪するという憂き目に遭う。急遽、海中技術に長けた潜水艇のパイロットを探し求めるが、海洋技術センターから推薦されたのは、職も失い、故郷にも居られなくなった放浪中のヴァルター・フォーゲルだった。

アルは「人こそ資本」という経営哲学に基づき、深海の鉱物のように計り知れない可能性を秘めた人材を探し求めて、フォルトゥナ号を駆る。

関連のあるエピソード → 世界を変える技術と人間の可能性 産業発展と共存共栄の精神

【小説の抜粋】 稀少金属をめぐる企業の攻防

みなみのうお座星域に打ち上げられた無人探査機「パイシーズ」が、未開の惑星ネンブロットから一つの鉱石を持ち帰る。そこから発見された稀少金属『ニムロディウム』が従来の技術を著しく向上させたことから、宇宙植民に弾みがつき、新たな宇宙文明が幕開ける。

ところが、宇宙開発法の隙を突いて、鉱山会社ファルコン・マイニング社がいち早く惑星ネンブロットのニムロデ鉱山を手に入れ、瞬く間にニムロディウム市場を独占する。

ファルコン・マイニング社の脅威は、ニムロディウム市場のみならず、最大の宇宙植民地である惑星自治領トリヴィアの政財界、しいては、人類の母星であるステラマリスにまで及ぶようになっていた。

巨大なファルコングループと袂を分かち、独自路線を歩み始めたマクダエル特殊鋼とは、技術特許をめぐって争った因縁の仲。ファルコン・マイニング社は、特殊鋼の重要な原料であるニムロディウムの供給をストップしたり、原価をつり上げたり、執拗に嫌がらせを繰り返す。

彼等の魔の手はついにマクダエル一家の生命に及ぶ。

前のエピソード → 『復讐するは我にあり』世界を変える稀少金属ニムロディウムと企業の攻防

このパートは『海洋小説『曙光』(第一章・運命と意思)』の抜粋です。
作品詳細と無料ダウンロードはこちら

【リファレンス】特殊鋼メーカーと精錬・製錬

私が子供の頃は『鉄は国家なり』の時代でしたから、鉄鋼業界は「日本の未来を支える」と若い人にも人気がありましたし、いずこもイケイケ、押せ押せで、本当に勢いがあったと思います。

今は量より質で、技術もいっそう高度化し、昭和の時代とは異なるセンスや創造性が求められます。

大地に転がる1個の鉱石から、最先端の技術を支えるスーパーメタルへ。

若い方は、ぜひ金属工学の分野に進んで頂きたいと願っています。

参考記事 → 
・ 金属成分を凝集する微生物と生物冶金(バイオリーチング)に関するコラム
・ 生物冶金と技術開発の意義 世界に可能性を知らしめるに関する技術紹介と小説の抜粋

「人こそ資本」の元ネタは、本田宗一郎の「アイデアは資本に優先する」です。

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 『上巻』
5

稀少金属『ニムロディウム』の発見により、宇宙開発技術は劇的に向上するが、世界最大のニムロデ鉱山がファルコン・マイニング社の手に落ちたことから一党支配が始まる。 海底鉱物資源の採掘を目指すアル・マクダエルと潜水艇パイロットのヴァルター・フォーゲルとの出会い、採鉱プラットフォーム、治水と復興ボランティア、海洋情報ネットワークのエピソードを収録。

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG