十八歳の決断・人は二度生まれる  ~いかに親から離れて自立するか~

十八歳の決断・人は二度生まれる  ~いかに親から離れて自立するか~
あなたに知って欲しいこと

フランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソーの名言に「人は二度生まれる。一度目は存在するために。二度目は生きるために」というものがあります。心身ともに成長し、『自分』というものが頭をもたげてきた時、親を乗り越えて前に進むか、生涯、無力感や無能感にとらわれて人生を棒に振るか。そこが大きな分かれ目です。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

目次

十八歳の決断

人は二度生まれる

 

フランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソーの名言に「人は二度生まれる。一度目は存在するために。二度目は生きるために」というものがあります。

私がこの言葉を実感したのは十八歳の時でした。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる