成功 ビジネス

一度、お前のことを潰したいんじゃないかな、良い意味で

成功 ビジネス
[su_quote cite=”海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) のボツ原稿“]「理事長の真意は僕には分からないけどね。あの人は、一度、お前のことを潰したいんじゃないかな、良い意味で」

「俺を潰す、って?」

「そうそう。お前、ちょっと自分の考えに凝り固まってるところがあるだろ? それを平らに潰して、もう一度、鍛え直すんだよ」

「銑鉄じゃあるまいし、なんで俺がタヌキの思い通りに改造されなきゃならないんだ? 俺に不満があるなら、最初から使わなければいい。結局のところ、俺は信用されてないんだよ。試すだけ試して、『ああ、やっぱり使えない』と分かったら、一も二もなく放り出すんだ、絶対そうに決まってる」
[/su_quote]

関連する記事

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”post,morgen,poetry” taxonomy=”post_tag” tax_term=”205″ order=”desc” orderby=”rand”][su_spacer][su_label type=”info”]タグ[/su_label] 曙光の言葉

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

Too Sad 空しい祈り

悲しすぎる夜 私は力なく神の門をたたく それで明日が 変わるわけではないけれど 誰かの耳には  聞き届けられるような気がして 初稿:2000年

哀れで不幸な女

今 私ほど不幸な女もないだろう 空は灰色 地には空っ風 憂鬱以外 何もありゃしない 恋に憑かれてからというもの―― 恋は一瞬にして 心の平安を奪ってしまった 今じゃ希望も悦びも あなたなしには あり得ない あなただけが唯一私を救うことができ […]

海岸

彼はまだ気難しい顔をして、口を一文字に結んでいたが、心は微かに波立っている。 今はそれで十分。  心が動けば、行動が生じる。 行動すれば、流れも変わる。 何かを感じ取ること。 それが全ての始まりだ。 曙光 MORGENROOD